第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞  「芥川賞について話をしよう」第十七弾  対談=小谷野敦*倉本さおり|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月22日 / 新聞掲載日:2020年3月20日(第3332号)

第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞
「芥川賞について話をしよう」第十七弾
対談=小谷野敦*倉本さおり

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
「書くこと/読むこと」の功罪/言葉に淫する
■ 乗代雄介『最高の任務』(講談社)

最高の任務(乗代 雄介)講談社
最高の任務
乗代 雄介
講談社
  • オンライン書店で買う
小谷野 
 『最高の任務』を読んでまず感じたのは、文章が読みにくかったことと、背景が全然わからないことでした。なんじゃこりゃという感じだったのですが、阿佐美景子シリーズの先行作である『十七八より』と『未熟な同感者』を読んでみて、なんで『最高の任務』の主人公が太ももに電話番号を書いて誘ったりするのかがよくわかった。もともと性的な変なことを口走ったりする女の子だったんです。
倉本 
 『最高の任務』では電車で隣の席に座ったおじさんの性的な視線がフックになっていましたが、『十七八より』でも保健の授業で女性器の絵をわざと黒板に描いて生徒の反応を窺うようなセクハラまがいの体育教師が登場します。そういう輩に対して乗代作品のヒロインは敢えてはすっぱに踏み込むことで撃退するという選択を常にしてしまうんですよね。
小谷野 
 主人公の阿佐美景子のやることって常に過剰防衛でしょう。今回の隣りに座った中年男だって見てただけで、ひどいじゃないですか。
倉本 
 選評で山田詠美さんが「おとり捜査」という言い方をしていましたね。
小谷野 
 そこは作者がこういう女を作ってみたらどうかと思っているだけという気がする。だから『最高の任務』だけを読むと女に見えなくて、女装した乗代に見える。
山田詠美の選評は適切だけど「自意識過剰」なんじゃなくて言葉に淫している。
倉本 さおり氏
倉本 
 主人公のルックスといい、非実在女子というか、ある種のキャラ萌えみたいな側面は確かにありますね。もちろんそれ自体が悪いわけではないし、私も作中の弟のキャラは大好きです。ただ、おっしゃるとおり、『最高の任務』の場合、痴漢に至ったモブキャラ中年男も痴漢行為を誘導した語り手の彼女も、作品の背後にいる作者によってエンタメとして消費されてしまったような気持ちになったんですよ。乗代作品においてはまさに「書くこと/読むこと」の功罪にいかに対するかという問いが常に軸になっている以上、これを面白がって推してしまったら何かを失う気がして……。
小谷野 
 高橋虫麻呂の話で茨城県の石岡に行くんだけど、石岡というのはそもそも文学的には虫麻呂が売り物の土地なんです。石岡に行くとなった時点で高橋虫麻呂ねってなるはずなのに、高橋虫麻呂と書いてない万葉集の歌が紹介された歌碑があって、それをおばさんが「高橋虫麻呂」と見抜くというあたりがすごく嘘くさい。このおばさんがものすごく魅力がないんです。これだけ読むとなんでこんな変なおばさんに執着してるんだろうとしか思えない。おばさんというのが実際にいたとしたらおばさんと乗代の関係はヘテロセクシャルで、『未熟な同感者』に出てくる美人の同級生・間村季那と景子の関係は乗代と間村季那の異性関係だと思うと割合しっくりくる。
倉本 
 この一作だけを読むと、主人公の女の子自身が執着するだけのおばさん像がちょっと希薄だったかなという気がしますね。
小谷野 
 だから編集者の意識もわからなくて、芥川賞を狙うのであれば前の作品での設定とかそういうことをちょっと書いとけばいいんです。おばさんは祖父の代からの眼科医である家で医療事務をやっていたとか。あまりその辺を考えていない。

東武伊勢崎線の描写も、私は東武伊勢崎線沿線で育った人間なのでイラッとするんです。まず風景描写が全然東武伊勢崎線に思えない。それから東武伊勢崎線って普通は北千住から乗るのに浅草から乗車している。それと家族とのべったり感がこれだけ読むと気持ち悪い。まるで家族とおばさんだけの世界に生きているように見えてしまう。
倉本 
 そのヘンさは個人的にはわりと好意的に見ちゃうかも。『十七八より』や、それこそ『最高の任務』の単行本に併録されている「生き方の問題」の場合、そういうヘンさやキモさの由来が書き手の視線にあることをちゃんと引き受けていたように見えたから自分にとって推せる作品だったのかもしれないです。
1 3 4 5
この記事の中でご紹介した本
幼な子の聖戦/集英社
幼な子の聖戦
著 者:木村 友祐
出版社:集英社
「幼な子の聖戦」は以下からご購入できます
最高の任務/講談社
最高の任務
著 者:乗代 雄介
出版社:講談社
「最高の任務」は以下からご購入できます
デッドライン/新潮社
デッドライン
著 者:千葉 雅也
出版社:新潮社
「デッドライン」は以下からご購入できます
音に聞く/ 文藝春秋
音に聞く
著 者:髙尾 長良
出版社: 文藝春秋
「音に聞く」は以下からご購入できます
背高泡立草/集英社
背高泡立草
著 者:古川 真人
出版社:集英社
「背高泡立草」は以下からご購入できます
「背高泡立草」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
小谷野 敦 氏の関連記事
倉本 さおり 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >