第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞  「芥川賞について話をしよう」第十七弾  対談=小谷野敦*倉本さおり|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月22日 / 新聞掲載日:2020年3月20日(第3332号)

第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞
「芥川賞について話をしよう」第十七弾
対談=小谷野敦*倉本さおり

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
主題に対する熱量/その小説を書く必然性
■ 髙尾長良『音に聞く』(文藝春秋)

音に聞く(髙尾 長良) 文藝春秋
音に聞く
髙尾 長良
文藝春秋
  • オンライン書店で買う
倉本 
 髙尾さんの『音に聞く』は、三人称で書かれた手記から翻訳家の姉と音楽家の妹を軸に「言葉か音か」という美学的な問題に迫っていくもの。厖大な引用をテクストに織り込んでいく乗代さんは多分にペダンティックな書き手だと思いますが、髙尾長良さんにも同様の印象を受けます。ただ、乗代さんのペダンティックには常に批評性があると思っていて。それが良い方向に出たのが、読書家同士のマウンティング合戦を通じて「読むこと」の意味を問いなおす『本物の読書家』(講談社、野間文芸新人賞受賞)だったんじゃないかなと。髙尾さんの今回の作品にそれがあったかなというとちょっと疑問で、文体にたくらみがあるのは充分に伝わるのですが、設定した主題と文体の関係、あるいは語りの視座が本当に適切だったかなと。そのバランスをとるのってものすごく難儀で、どこかに主題に対する強烈な熱量とかこだわりがないと難しいと思うんです。言語というものの機能に惹かれているというのはもちろんわかるし、ある意味では切実なのも理解できる。選評で島田雅彦さんがおっしゃっていたとおり「回りくどい地の文」ではあるもののたしかにすごく「正確」で、読んでいてハッとさせられる部分もたくさんある。だけど、主題そのものに対してあまりにストレートというか、屈託がなさすぎる文章のように思えてしまった。むしろ叙述の手つきがエンタメっぽいなと。
小谷野 敦氏
小谷野 
 私は髙尾作品に関しては、水原紫苑が昔『すばる』に書いていたようなお耽美小説が長くなっただけという気がしました。単なる音楽批評のような、言葉を並べてみせましたみたいな、どちらかというと新人が持ち込んだらボツになるレベルだと思います。
倉本 
 選評の中で小川洋子さんが、「どんな小説も、言葉以前の言葉で書かれるべきなのだ」と書いておられましたが、『音に聞く』の場合は最初にこの文体ありきで書いてしまったような気がします。髙尾さんのデビュー作『肉骨茶』(新潮社) は、作品としてぜんぜん綺麗にまとまってはいないんだけれど、個人的にはものすごく好きだった。誰も書かなくても自分がこれを書く、みたいなすさまじい熱量があったと思います。非常に頭のいい方でスタイルを選び取って書くということがある程度できてしまう書き手だと思うのですが、その小説を書く必然性といったものがだんだん薄らいできたような気がしてしまって……勝手にやきもきしてしまいました。
1 2 4 5
この記事の中でご紹介した本
幼な子の聖戦/集英社
幼な子の聖戦
著 者:木村 友祐
出版社:集英社
「幼な子の聖戦」は以下からご購入できます
最高の任務/講談社
最高の任務
著 者:乗代 雄介
出版社:講談社
「最高の任務」は以下からご購入できます
デッドライン/新潮社
デッドライン
著 者:千葉 雅也
出版社:新潮社
「デッドライン」は以下からご購入できます
音に聞く/ 文藝春秋
音に聞く
著 者:髙尾 長良
出版社: 文藝春秋
「音に聞く」は以下からご購入できます
背高泡立草/集英社
背高泡立草
著 者:古川 真人
出版社:集英社
「背高泡立草」は以下からご購入できます
「背高泡立草」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
小谷野 敦 氏の関連記事
倉本 さおり 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >