第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞  「芥川賞について話をしよう」第十七弾  対談=小谷野敦*倉本さおり|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月22日 / 新聞掲載日:2020年3月20日(第3332号)

第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞
「芥川賞について話をしよう」第十七弾
対談=小谷野敦*倉本さおり

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
徹底的に突き放せない/本人が善人過ぎる
■木村友祐『幼な子の聖戦』(集英社)

幼な子の聖戦(木村 友祐)集英社
幼な子の聖戦
木村 友祐
集英社
  • オンライン書店で買う
小谷野 
 これは古市憲寿君が「泣いた赤鬼作戦」で自分を悪役にして木村君を浮上させた(笑)。
倉本 
 古市さんにそういう作戦があったかどうかわからないですけど(笑)、木村さんはいつか芥川賞の俎上にのせてしかるべき書き手と思っていたので良かったなと思いました。

今作『幼な子の聖戦』に関していえば、〝お前いまそんなエラそうにしてるけど俺は剃毛プレイ経験済みだぞ〟みたいな、本当にしょうもないところで主人公が心中でマウント取るところとか最高に好きです。マチズモを徹底的に戯画化してるんだけど、それがスノッブな感じでなく、読者サービスに徹している。でも、しょうもない主人公がしょうもないからどんどん流されていって闇落ちしていく過程を書かなきゃいけないのに、ところどころ作者の明晰さとか書き手の誠実さみたいなものが混ざり込んでしまって、要所要所で情けが入ってしまう。さらにいえば、その情けが書き手由来のものだというのが思いきり見えてしまっている箇所がいくつかあるなと思って、最初と最後の光景がうまく繋がらなかったんです。
小谷野 
 青森県に新郷村という場所があって、そこがモデルになっている。この人は取材して書くタイプですよね。「天空の絵描きたち」(『幼な子の聖戦』所収/集英社)も取材して書いた。やはり直木賞系の人ではないでしょうか。
倉本 さおり氏
倉本 
 作中で描かれる町おこしPR動画の絶妙なダサさとか意地の悪いユーモアはたくさんあるはずなのに、誠実さがときどき顔を出しちゃうから素に戻ってしまって笑いきれない。批評的姿勢を徹底しきれていなくて、どっちつかずになってしまったところはありましたね。
小谷野 
 地方の村長選みたいなことは巨視的に見たらほぼどうでもいいことで、そのどうでもいいことに夢中になっている人たちの滑稽さというものを突き放せなかった。
倉本 
 いい人だから当事者になってしまう。巨視的に徹底的に突き放してくれれば気持ちよく笑えたのかもしれないけれど、難しいですね。
小谷野 
 深沢七郎の『盆栽老人とその周辺』みたいに、そこにたまたま住んでいる変なおじいさんの視点から書いたらまだいいんだけど、そうしたら殺人の計画とかはできなくなってしまうかもしれない。
倉本 
 木村さんの小説は、スラップスティックなコメディとして書いていても、社会に対するなにがしかの志が垣間見えるんです。山田詠美さんが「がんばってはったりかまして下卑ている」と評していましたが、結末に対する書き手の作為的なものと作者の志みたいなものがまだうまく噛み合っていないかもしれません。
小谷野 
 これは『すばる』に書いているからというのもあるでしょう。『小説新潮』に書いていればいいかもしれないけど、でも本人が善人過ぎるんです。木村さんは下手すると私よりいい人ですよ。
倉本 
 なんてお答えすればよいものやら……。
1 2 3 5
この記事の中でご紹介した本
幼な子の聖戦/集英社
幼な子の聖戦
著 者:木村 友祐
出版社:集英社
「幼な子の聖戦」は以下からご購入できます
最高の任務/講談社
最高の任務
著 者:乗代 雄介
出版社:講談社
「最高の任務」は以下からご購入できます
デッドライン/新潮社
デッドライン
著 者:千葉 雅也
出版社:新潮社
「デッドライン」は以下からご購入できます
音に聞く/ 文藝春秋
音に聞く
著 者:髙尾 長良
出版社: 文藝春秋
「音に聞く」は以下からご購入できます
背高泡立草/集英社
背高泡立草
著 者:古川 真人
出版社:集英社
「背高泡立草」は以下からご購入できます
「背高泡立草」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
小谷野 敦 氏の関連記事
倉本 さおり 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >