出雲神話論 書評|三浦 佑之(講談社 )|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 書評
更新日:2020年3月28日 / 新聞掲載日:2020年3月27日(第3333号)

出雲神話論 書評
古事記研究の脱構築
古事記をもって、ヤマト中心主義からの脱却を唱える

出雲神話論
著 者:三浦 佑之
出版社:講談社
このエントリーをはてなブックマークに追加
出雲神話論(三浦 佑之)講談社
出雲神話論
三浦 佑之
講談社
  • オンライン書店で買う
 古事記研究の大家による渾身の大著である。その「あとがき」には、執筆の動機がこう記されている。「古事記の研究史を眺め渡しても、古代史研究でも〔……〕一つの日本、唯一の日本へと集約されてゆく、そのような研究ばかりが目に付く〔……〕。日本列島は多様に存在する〔……〕のに、なんだかすべてが窮屈に、目指すべき一つの世界へと向かっている。すべてを中央や国家に収斂してしまうのではなく、外の世界へと拡散し解体し、日本列島を多様な営みの場としてとらえ返す視点を導入する。それによって、それぞれの地域は活性化されるのではないか」。本居宣長よりも長く『古事記』を研究してきた著者が辿り着いたのが、明治以降築かれ、戦後も変わることのなかった古事記研究の脱構築(deconstruction)であることに、敬意を表したい。

著者は古代文学研究者の立場から、情緒的な語りで人々を魅了する古事記を、歴代天皇の記録である日本書紀と、まるで八歳違いの双子でもあるかのように融合させようとする「記紀」の併称は不当であり、その呪縛から古事記を解放すべきだと訴えてきた(『古事記を読み直す』ほか)。古事記は、律令国家や天皇家の列島支配を根拠づけようとする日本書紀とは性格も内容も全く違う別の書物で、かえって天皇の側に殺され滅ぼされた者たちへの親和性が強いという。その象徴が本書のテーマ、古事記中の出雲(系)神話だ。古事記では天孫降臨以前の、出雲の神々の活躍が多彩に語られ、それが神話の中核(全体の四割)をなしている一方、日本書紀では、それらがほぼ切り捨てられている。

この部分の正当な読解こそが古事記の理解に欠かせず、古代の日本列島がいかなる世界だったかを知る上で、大きな鍵を握っていると説く著者は、より精緻な読み解きによって、古事記認識の再構築を試みる。例えば、杵築(出雲)大社は、「国譲り」の代償に高天原(ヤマト)側が創建したというのは、日本書紀に引きずられた、本居宣長以来の誤読だとする。古事記だけを素直に読めば、オオナムチ(出雲大神)が根の堅州の国から戻って「宇迦の山」の麓に建てた宮殿が杵築大社であり、それはスサノオの祝福のことばに保証されて存在し、天つ神の出雲制圧に根拠づけられるものではないとする。「国譲り神話」という呼称も、天つ神(ヤマト)への地上支配の移行が平穏に果たされたことを強調・称揚すべく、近代日本で創出され、皇国史観の広がりに伴い多用されるようになったもので、本質に従えば「オオナムチ制圧」と呼ぶべきだという。

ヤマト政権の膝元で編まれた古事記をもって、ヤマト中心主義からの脱却を唱える著者の手法は斬新だ。その一方、古事記を首位に置きすぎるためか、出雲で出雲国造が編んだ風土記(七三三年)中の神話を、重視していないようにも見える。出雲(国風土記)神話では、出雲大神が出雲国は自らが治め続けると宣言している。つまり出雲国は譲っていないし、隠退もしていない。大社の創建も、出雲の神々が集まって出雲大神のために建てたとする。スサノオとオオナムチは血縁関係などない、没交渉の神である。そのスサノオをアマテラスの弟と位置づけ、その子孫がオオナムチとした古事記の意図は何か。また国譲り神話で、本来の出雲神でないコトシロヌシとタケミナカタを創出・登場させたのはなぜか。著者の見解を聞きたいところである。

二〇一七年七月にご一緒した新宿紀伊國屋セミナーで、著者が「最後に出雲神話論を書いて、私は死にたい」と言われたので、少々心配していたが、本書あとがきの「この本に攻撃をしかけてくる輩が現れようものなら、すぐさま返り討ちにするべく技を磨いていきたい」という締めくくりをみて、取り越し苦労であったと安心した。今後その技が一層研ぎ澄まされていくことを期待したい。
この記事の中でご紹介した本
出雲神話論/講談社
出雲神話論
著 者:三浦 佑之
出版社:講談社
「出雲神話論」は以下からご購入できます
「出雲神話論」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦 佑之 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
歴史・地理 > 日本史関連記事
日本史の関連記事をもっと見る >