地球の歴史 上 - 水惑星の誕生 書評|鎌田 浩毅(中央公論新社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 書評
更新日:2017年1月20日 / 新聞掲載日:2017年1月20日(第3173号)

「分化」し、複雑化する地球の歴史書

地球の歴史 上 - 水惑星の誕生
出版社:中央公論新社
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書で全三巻というのは珍しい。

本書は、火山学者である著者が四六億年にも渡る地球の歴史を、最新の地学研究の知見を踏まえてまとめあげた「歴史書」である。

上巻「水惑星の誕生」では、地球の誕生が、宇宙の誕生である「ビックバン」まで遡って描かれる。マグマの海だった地球はその冷却などを通じて、厚い大気と穏やかな海を持つ惑星になった。中巻「生命の登場」では、海で生まれた生命が上陸するまでが解説される。シンプルなものだった生命は、光合成、呼吸、多細胞化、有性生殖といった複雑な仕組みを持つようになり、ついに陸への進出を果たす。下巻「人類の台頭」では、恐竜の登場と絶滅、そしてようやく人類の時代が始まったところまでが叙述される。恐竜たちは隕石衝突によって絶滅し、ついに哺乳類が、そして人類が誕生し、文明を築く。

各巻の帯にはそれぞれ「われわれはどこから来たのか」、「われわれは何者なのか」、「われわれはどこへ行くのか」と記されている。これらはいうまでもなく、ポール・ゴーギャン晩年の大作の題名を分割したものであり、それぞれが各巻の内容に応じている。また本書によれば、この大作絵画の題名は「地球研究の目標を一言で表」したものでもあるという。この文句が示すように、本書は地球研究の成果を手際よくまとめており、非専門家もそれを手軽に知ることができる入門書でもある。索引があるので、年表のような使い方もできる。図表も豊富で、視覚的な理解を助けてくれる。
 評者にとって興味深かったのは、主に上巻で言及される「分化」という概念だ。「分化」とは一般的に、時間の進行とともに単一の性質しか持っていなかったものが複雑化して、さまざまな性質のものへと別れてゆく過程のことだ。地球の歴史は「火の玉地球」、「水惑星」、「陸・水惑星」、「生命の惑星」、「文明の惑星」という五つの時代に区分することができるというが、これらの時代を串刺しにして理解できる重要概念が「分化」である。
「火の玉地球」の時代には、地球を構成するものは「原始大気」と「マグマの海」しかなかった。しかし、分化の進んだ「文明の惑星」では、「大気」や「海」から「生物圏」、「人間圏」に至るまで構成要素が増え、地球は複雑化した。地球の「分化」の原動力は「冷えること」であったという。

ちなみに生物学では、一つの細胞である受精卵が細胞分裂・発生して、そのそれぞれがさまざまな役割を持つようになり、一つの個体を構成するようになることを「分化」という。また、社会学などでは、社会を構成する各人が歴史の変遷に応じて、さまざまな役割を分担するようになり、社会が複雑化する過程を「分業」という。
 この「分化」という概念を日本で最初に広めたのは、地球物理学者の松井考典である。松井は「一九九〇年代初頭に、自然界の歴史は物質が分化する歴史であることに気づいた」。松井がこのように考えるようになった背景には、近代科学に対する疑問があったという。人類の歴史が人間が分業する歴史であることを踏まえれば、本書で展開される「分化」という概念は、文系出身の読者にとってもより興味深いものとなるだろう。

本書によれば、地球における「文明の惑星」の時代、つまり人類が農耕牧畜を開始してから現在に至る時代とは、四六億年に及ぶ地球の歴史のうちわずか一万年に過ぎない。その短い間に人類は、自然資源の消費を通じて地球を改造してきた。「環境破壊」ともいう。そして遺伝子工学なども駆使して、人類自身をふくむ生命の進化にも介入し始めた。そろそろ人類は「われわれはどこへ行くのか」を決めなければいけない。しかし、それを意識的に「決める」ことは不可能で、可能なのはせいぜい「予想する」ことぐらいかもしれない。
「人類の歴史」を、本書で描かれているような「地球の歴史」の中に位置づけ、文明レベルでの意思決定に役立てられるか否かは読者次第だろう。リチャード・フォーティ『生命40億年全史』(草思社)、同『地球46億年全史』(同)などと合わせて読んで考えたい。最近邦訳されたデヴィッド・クリスチャンほか『ビッグヒストリー』(明石書店)も気になる。
この記事の中でご紹介した本
地球の歴史 上 - 水惑星の誕生/中央公論新社
地球の歴史 上 - 水惑星の誕生
著 者:鎌田 浩毅
出版社:中央公論新社
以下のオンライン書店でご購入できます
地球の歴史 中 - 生命の登場 /中央公論新社
地球の歴史 中 - 生命の登場 
著 者:鎌田 浩毅
出版社:中央公論新社
以下のオンライン書店でご購入できます
地球の歴史 下 - 人類の台頭/中央公論新社
地球の歴史 下 - 人類の台頭
著 者:鎌田 浩毅
出版社:中央公論新社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
粥川 準二 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >