遺された家 家族の記憶 太田 順一|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. フォト&アート
  4. 芸術・娯楽
  5. 遺された家 家族の記憶 太田 順一
フォト&アート
更新日:2017年2月24日 / 新聞掲載日:2017年2月24日(第3178号)

遺された家 家族の記憶 太田 順一

このエントリーをはてなブックマークに追加
「かつての住人が使っていた家具や生活用品がまだそのまま残っていて、肉親など関係者が時折訪れては維持管理をしている」そういう家を撮る一三九枚。空き家は「遺品」だと著者はいう。

書きつけや写真や、台所用品、神棚、アイドルのポスター、家族の手形、衣類、書物…主がいたときと同じ形のまま、静かに古びていく時。誰かが生きた証。そして読み手の内に懐かしく甦る記憶。(A4変型・一四四頁・三〇〇〇円・海風社)(画像は本書から)
この記事の中でご紹介した本
遺された家-家族の記憶/海風社
遺された家-家族の記憶
著 者:太田 順一
出版社:海風社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
太田 順一 氏の関連記事
フォト&アートのその他の記事
フォト&アートをもっと見る >
芸術・娯楽関連記事
芸術・娯楽の関連記事をもっと見る >