マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 評論・文学研究
  4. 日本文学研究
  5. 東日本大震災後文学論(飯田 一史、藤田 直哉、海老原 豊、宮本 道人、杉田 俊介)南雲堂
東日本大震災後文学論(飯田 一史、藤田 直哉、海老原 豊、宮本 道人、杉田 俊介)南雲堂
東日本大震災後文学論
著 者: 飯田 一史いいだいちし藤田 直哉ふじたなおや海老原 豊えびはらゆたか宮本 道人みやもとどうじん杉田 俊介すぎた しゅんすけ藤井 義允ふじいよしのぶ蔓葉 信博つるばのぶひろ冨塚 亮平とみづかりょうへい西貝 怜にしがいさとし
編 集: 限界研
出版社:南雲堂
ISBN:978-4523265535
2,900円(税別)
<コンテンツ>
・序論 はじめに(飯田一史)
■第一章 震災後文学の超臨界
・同時代としての震災後 (藤田直哉)
・希望-重松清と『シン・ゴジラ』(飯田一史)
・喪失なき成熟坂口恭平・村田沙耶香・D.W.ウィニコット(冨塚亮平)
・揺れる世界と存在 震災後としての中村文則文学(藤井義允)
■第二章 科学と文学の(dis)コミュニケーション
・情報の津波をサーフィンする3・11以後のサイエンスなフィクション(海老原豊)
・震災後文学としての『PSYCHO-PASSサイコパス』シリーズ科学技術コ  ミュニケーションにおけるリスク・個人・希望をめぐって(西貝怜)
・対震災実用文学論東日本大震災において文学はどう使われたか(宮本道人)
■第三章 イメージの核分裂・島田荘司と社会派エンターテインメント(蔓葉信博)
・映像メディアと「ポスト震災的」世界キャメラアイの「多視点的転回」を中心に(渡邉大輔)
■第四章 震災後を生きる君たちへ more than human・〈生〉よりも悪い運命(藤田直哉)
・高橋源一郎論銀河系文学の彼方に(杉田俊介)
■震災後作品出版・公開年度一覧
以下のオンライン書店でご購入できます
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究と同じカテゴリの 書籍
文学はおいしい。
著 者:小山 鉄郎
出版社:作品社
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加