マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文化・サブカル
  3. 図書館・書店
  4. 公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー(柳 与志夫、田村 俊作)みすず書房
公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー(柳 与志夫、田村 俊作)みすず書房
公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー

編集者: 柳 与志夫やなぎよしお 田村 俊作たむらしゅんさく
出版社:みすず書房
ISBN:978-4622086826
3,500円(税別)
今とは違う、別の公共図書館がありえたのではないか、それが本書を生み出す母体となった研究会メンバーの共通の思いだった。近代公共図書館が欧米で成立してからまだ200年もたっていない。我が国においてある程度普及してきたのは100年程度の話だ。一般の人々や図書館関係者の間で公共図書館像の揺らぎがあっても何の不思議もない。近年の指定管理者問題や無料貸本屋論争を見ていると、そもそも公共図書館という制度は日本に根づいているのだろうか、という疑問もわいてくる。その一方で、書店や出版をテーマとする本と並んで、図書館に関する本が次々と出版されている。そこにはさまざまな背景を持つ人々の図書館に対する期待や不満、理想が込められているのだろう。残念ながらそれに対して、図書館界から、これからの新しい公共図書館像が提示されているようには思えないのである。そして、私たちが、その解決のヒントを得ようとしたのが、我が国の公共図書館史をもう一度見直してみることだった。そこに別の可能性、別の見方があったのではないだろうか。
(「まえがき」より)
以下のオンライン書店でご購入できます
文化・サブカル > 図書館・書店と同じカテゴリの 書籍
文化・サブカル > 図書館・書店と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加