マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 芸術・娯楽
  3. 映画
  4. 映画論
  5. 東ドイツ映画 デーファと映画史(ゼバスティアン・ハイドゥシュケ、山本 佳樹)鳥影社
東ドイツ映画 デーファと映画史(ゼバスティアン・ハイドゥシュケ、山本 佳樹)鳥影社
東ドイツ映画 デーファと映画史
著 者: ゼバスティアン・ハイドゥシュケ 
翻訳者: 山本 佳樹やまもとよしき
出版社:鳥影社
ISBN:978-4862657237
2200円(税別)
本書は、東ドイツ映画の成立と変遷、映画製作の特殊性、他国の映画現象とのかかわり、具体的な作品の雰囲気や映画史的意義などについて、予備知識がなくても、一読すれば全体像がつかめるのが、そのなによりの魅力である。また、東西映画の交差点として、冷戦期における唯一の汎ヨーロッパ的映画現象であったかもしれない東ドイツ映画の存在の重要さを指摘するなど、コンパクトながら最適な案内書となっている。そして見るべき12本の長編映画作品の見どころが詳しく紹介され、近年急速に高まる東ドイツ映画の魅力に迫る。
以下のオンライン書店でご購入できます
芸術・娯楽 > 映画 > 映画論と同じカテゴリの 書籍
芸術・娯楽 > 映画 > 映画論と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加