マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 社会学
  4. リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義 (渡辺 靖)中央公論新社
リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義 (渡辺 靖)中央公論新社
リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義
著 者: 渡辺 靖わたなべやすし 
出版社:中央公論新社
ISBN:978-4121025227
800円(税別)
アメリカ社会、とりわけ若い世代に広がりつつあるリバタリアニズム(自由至上主義)。公権力を極限まで排除し、自由の極大化をめざす立場だ。リベラルのように人工妊娠中絶、同性婚に賛成し、死刑や軍備増強に反対するが、保守のように社会保障費の増額や銃規制に反対するなど、従来の左右対立の枠組みではとらえきれない。著者はトランプ政権誕生後のアメリカ各地を訪れ、実情を報告。未来を支配する思想がここにある。
以下のオンライン書店でご購入できます
リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義 のことが書かれている 記事
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 書籍
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加