マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 自然科学
  3. 宇宙
  4. 宇宙を生きる~世界を把握しようともがく営み(磯部 洋明)小学館
宇宙を生きる~世界を把握しようともがく営み(磯部 洋明)小学館
宇宙を生きる~世界を把握しようともがく営み
著 者: 磯部 洋明いそべ宏明 
出版社:小学館
ISBN:978-4093886734
1,400円(税別)
①概要
2009年文部科学大臣表彰・若手科学者賞受賞→ケンブリッジ大学客員研究員→京都大学宇宙総合学研究ユニット特定准教授→京都大学准教授を経た著者が、「混沌として分からないことだらけの世界の中から“何が問題なのか”を切り取ることが研究における最初の最も大切なプロセス」「世界を理解するために、その問題に対してどのような説明がよりよいと考えるか、そこに研究者のセンスのようなものが問われます」など、研究者としての考え方の実際を披露、学生や研究者へ真摯な助言を綴る。
また、宇宙を研究するということの今日的な意味についても幅広く語られ、文化人類学、倫理学、法学などを学ぶ人たちにも示唆に富む興味深い内容となっている。
②内容
 内容 第1章 宇宙を研究するということ
    第2章 物理学を使って世界を理解するということ
    第3章 コスモスからカオスへ
    第4章 学問と生きる
 内容より抜粋(「はじめに」より)
 地球以外の天体に移住したり生命そのものを改変したりといった、自分たちの生のあり方自体を技術的に変えてしまうことが工学的研究によって現実味を帯びてくると、そもそも私たちはどのような社会を作り、どのように生きたいのか、という問いを根底から考え直す必要が出てきます。
ここで、人間にとっての意味や価値といった問題も取り扱う人文科学や社会科学が登場することになります。宇宙の研究は、今や自然科学以外の領域にも広がっているのです。
以下のオンライン書店でご購入できます
自然科学 > 宇宙と同じカテゴリの 書籍
自然科学 > 宇宙と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加