マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 外国文学
  4. スペイン文学
  5. ハバナ零年(カルラ・スアレス、久野 量一)共和国
ハバナ零年(カルラ・スアレス、久野 量一)共和国
ハバナ零年
著 者: カルラ・スアレス 
翻訳者: 久野 量一くのりょういち
出版社:共和国
ISBN:978-4907986537
2,700円(税別)
カオス理論とフラクタルを用いて、電話がキューバで発明された事実を証明せよ!?

1993年、深刻な経済危機下のキューバ。数学教師のジュリアは、世界で最初の電話がハバナで発明されたことを証明する、イタリア人発明家アントニオ・メウッチの重要な自筆文書の存在を知る。その文書をめぐって、作家、ジャーナリスト、そして元恋人までが虚々実々の駆け引きと恋を展開するが……。
キューバ出身の新鋭作家が、数学とミステリーの要素を巧みに織り込んで挑んだ代表作。
[2012年カルベ・ド・ラ・カリブ賞受賞作]
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 外国文学 > スペイン文学と同じカテゴリの 書籍
文学 > 外国文学 > スペイン文学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加