マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
  4. 広岡浅子「草詠」(高野 晴代)翰林書房
広岡浅子「草詠」(高野 晴代)翰林書房
広岡浅子「草詠」
著 者: 高野 晴代たかのはるよ 
出版社:翰林書房
ISBN:978-4877374341
2,400円(税別)
広岡浅子の歌集『草詠』の 翻刻・口語訳・解説
本書は、このほど広岡家(加島屋五兵衛家資料)で発見された広岡浅子の歌集、396首の翻刻、解説書である。本書表紙の浅子が持つ冊子の題簽は「草詠 冬」と読める。浅子は三十代と思われ、二十八歳で長女亀子を出産、三十八歳には筑豊の潤野炭鉱を買収するというような時期と重なる。実業家として歩み始め、炭鉱にピストルを持参したと伝えられる浅子のもう一つの手には、筆を持ち、自らの思いを託す短歌の存在があったことを、私たちはこの『草詠』を通して知るのである。
焼すてし
飛火の野へも
春くれは
みとりの若菜
もえ出にけり
 
松山に
ねくらはなるゝ
むら烏
こゑを残して
かすむ今朝哉

春かすみ
八重立わたる
朝には
山の端にけし
心地こそすれ
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 日本文学 > と同じカテゴリの 書籍
文学 > 日本文学 > と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加