マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 歴史・地理
  3. 戦争
  4. みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア(重信 幸彦)青弓社
みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア(重信 幸彦)青弓社
みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア
著 者: 重信 幸彦しげのぶゆきひこ 
出版社:青弓社
ISBN:978-4787220820
3,200円(税別)
紹介:万歳三唱のなか出征する兵士、残された子を養う隣人、納豆を売って献金する子ども――。満州事変から日中戦争へと続く戦時下の日常には、愛国の物語である銃後美談があふれていた。美談から戦時下の「空気」を読み取り、「善意」を介した動員の実態に迫る。

解説:満州事変から日中戦争へと続く戦時下の日常=銃後では、プロパガンダを意図した美談が様々な団体によって作られ、新聞や雑誌は「愛国の物語」にあふれていた。

万歳三唱のなか出征する兵士、残された子を養う隣人、納豆を売って献金する子ども、夫の戦死を誇る妻、戦地の兵士を「お兄様」と呼び武運を祈る少女――。

赤誠・献身・愛国・義心など、銃後美談にこびりつく戦意高揚や動員の言葉を慎重にはぎ取り、戦時下に漂う「空気」を示す記録・資料として美談を読み替える。そして、銃後美談から、総力戦下の矛盾や人々の困難、善意という暴力、戦争のリアリティーを浮き彫りにする。
以下のオンライン書店でご購入できます
歴史・地理 > 戦争と同じカテゴリの 書籍
歴史・地理 > 戦争と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加