マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 社会・政治
  3. 日本の政治
  4. 天皇
  5. 天皇家の女たち 古代から現代まで(鈴木 裕子)社会評論社
天皇家の女たち 古代から現代まで(鈴木  裕子)社会評論社
天皇家の女たち 古代から現代まで
著 者: 鈴木 裕子すずきひろこ 
出版社:社会評論社
ISBN:978-4784515707
3,500円(税別)
吾平津媛(神武天皇の妃)、額田部王女(推古天皇)から皇太子妃雅子、愛子内親王まで
天皇制は、男系家父長制原理に貫かれた性差別、階級差別、民族差別、身分差別、障碍者差別、異質な思想や人物を排除する差別のシステム・体系である。たとえ、天皇に女性がなったとしても、天皇制の差別装置としての機能は変わらず、差別と排除の「伝統」も持続するであろう。
以下のオンライン書店でご購入できます
社会・政治 > 日本の政治 > 天皇と同じカテゴリの 書籍
社会・政治 > 日本の政治 > 天皇と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加