マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
  4. 百鬼園 戰前・戰中日記 下(内田 百閒)慶應義塾大学出版会
百鬼園 戰前・戰中日記 下(内田 百閒)慶應義塾大学出版会
百鬼園 戰前・戰中日記 下
著 者: 内田 百閒うちだひゃっけん 
出版社:慶應義塾大学出版会
ISBN:978-4766426045
4,500円(税別)
内田百閒生誕130年記念
未発表日記を初公刊

昭和十一年一月一日から
『東京燒盡』につながる昭和十九年十月末日まで
「極めて特異な作家」百閒47歳から55歳の日常の記録。
内田百閒の生誕130年を記念して、未発表日記(昭和十一年から昭和十六年)を含め、昭和十一年から『東京燒盡』へと続く昭和十九年十月末までの日記を公刊する(但し昭和十七年は参考資料)。
 百閒は早い時期から作品として「日記」を意識して発表している。大正六年から大正十一年の日記を『百鬼園日記帖』『續百鬼園日記帖』として昭和十年、昭和十一年に公刊しているのである。さらに『東京燒盡』では、空襲の激しくなった昭和十九年から昭和二十年八月の終戦までを昭和三十年に刊行している。
 夏目漱石の弟子であり、ほぼ同世代のカフカに通ずると評される夢幻的作品『冥途』で作家としての活動を始めた百閒は、昭和八年の『百鬼園隨筆』がベストセラーとなって注目される。本書は、百閒47歳から55歳までの「極めて特異な作家」の戦前・戦中の日常の貴重な記録である。
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 日本文学と同じカテゴリの 書籍
文学 > 日本文学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加