マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 外国文学
  4. 路地裏の子供たち(スチュアート・ダイベック、柴田 元幸)白水社
路地裏の子供たち(スチュアート・ダイベック、柴田 元幸)白水社
路地裏の子供たち
著 者: スチュアート・ダイベック 
翻訳者: 柴田 元幸しばたもとゆき
出版社:白水社
ISBN:978-4560096949
2,800円(税別)
柴田元幸が愛する作家の第一短篇集

本書は、『シカゴ育ち』『僕はマゼランと旅した』でロングセラーを記録するアメリカの作家ダイベックのデビュー短篇集。ゴミバケツが並ぶ路地を子供たちが駆け抜け、鳩の糞に塗れた建物のすぐ横を高架電車が疾走し、薄汚れた町並みを雪がわずかの間、聖化する都市の情景を鮮やかに伝える作家の技を堪能できる。
町外れにある屑屋のコミュニティ、さかりのついた猫の声が辺り一面から響く町から始まり、鳩の卵を取ろうとして少年がのぼる鉄橋に至るまで、物語の印象的な要素は、つねにどこか幻想的な色合いを帯びている。ただし作家は、現実から一気に幻想に飛躍することは決してない。街をリアルに描いた描写から、そのままつながって、直接の延長線上に幻想性が待っている。
そうした現実/幻想の継ぎ目のなさという点で考えれば、これまで作家が発表した小説5冊のうち、本書が最高かもしれない、と翻訳者の柴田元幸氏は指摘する。
まさに多くのファンが待ちわびた短篇集で、味わい深く、心に残る11篇を収録している。作家による日本版特別寄稿「『路地裏の子供たち』を書いたころ」を付す。
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 外国文学と同じカテゴリの 書籍
文学 > 外国文学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加