マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 哲学・思想
  4. 夢みる名古屋 ユートピア空間の形成史(矢部 史郎)現代書館
夢みる名古屋 ユートピア空間の形成史(矢部 史郎)現代書館
夢みる名古屋 ユートピア空間の形成史
著 者: 矢部 史郎やぶしろう 
出版社:現代書館
ISBN:978-4768458570
1,800円(税別)
名古屋とはいったい何か? 茫漠として捉えようのない工業都市、その姿をえぐる都市論。
名古屋は2010年以降は東京をもしのぐ成長率を見せる愛知県の中心地だが、その全容は捉えづらい。
町をめぐる諸々のストーリーが、端的に言って弱いが、現在の名古屋は基本的に「元気」がない現在の日本において、(沖縄をのぞき)例外的に比較的経済指標などが活気を持っている地域でもある。この名古屋という街は、いかにして形成されたのだろうか。名古屋について論じる書籍自体は多いが、「名古屋めし」を取り上げるようなサブカルチャーや、「名古屋はヤバい」のような自虐的な「名古屋はダサい」といった名古屋叩きにかたよったりする傾向がある。むしろ今必要なのは、名古屋の歴史、地理、都市構造を把握することで立体的に名古屋という都市のありようを浮かび上がらせることである。非常に「真面目な」名古屋についての都市論が求められているのである。
尾張藩の城下町から戦前、軍需産業の一大拠点として成長し、戦後には右派労働運動=民社党の拠点となり、管理教育の本場としても名高く、一方で俗に「巨大な田舎」と呼ばれる、といった名古屋の形成史と構造をみる。さらに名古屋における管理社会のかたちをも描く。
以下のオンライン書店でご購入できます
学問・人文 > 哲学・思想と同じカテゴリの 書籍
学問・人文 > 哲学・思想と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加