マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 外国文学
  4. 英文学
  5. ウィリアムが来た時 ホーエンツォレルン家に支配されたロンドンの物語 (サキ、深町悟 )国書刊行会
ウィリアムが来た時 ホーエンツォレルン家に支配されたロンドンの物語 (サキ、深町悟 )国書刊行会
ウィリアムが来た時 ホーエンツォレルン家に支配されたロンドンの物語
著 者: サキ 
翻訳者: 深町悟 ふかまちさとる
出版社:国書刊行会
ISBN:978-4336063564
2,400円(税別)
ドイツ帝国に支配された架空のロンドンを舞台とした、
「短編の名手」サキによる、
本邦初訳ディストピア歴史IF群像劇!

ドイツによる支配が始まってから数ヶ月。街には独英二ヶ国語の文字が並び、ドイツ風の名前の料理店やカフェが軒を連ね、バッキンガム宮殿にはドイツ国旗がはためき、ロンドンはすっかり様変わりした。
その頃社交界では、体制に迎合する者、上手く利用しようとする者、反対する者、関心を持たぬ者など、さまざまな思惑をもった人物たちが、それぞれ己のため、あるいは国のために活動していた。
有閑階級夫人のシシリー・ヨービルが華やかなパーティや催しごとを開く中、野心的な人々が敗戦下での地位を築くために政治劇を水面下で繰り広げる。一方、ドイツによる英国支配をより堅固なものにするべく、クワル卿なる怪人物が暗躍する。
そして、ある晴れた暖かい五月の午後のハイド・パーク。支配を象徴するかのように、高らかにファンファーレを響かせるパレードを従えたドイツ皇帝が、ついにその姿を現す──
(1913年作)
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 外国文学 > 英文学と同じカテゴリの 書籍
文学 > 外国文学 > 英文学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加