マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
  4. 死んでしまう系のぼくらに(最果 タヒ)リトル・モア
死んでしまう系のぼくらに(最果 タヒ)リトル・モア
死んでしまう系のぼくらに
著 者: 最果 タヒさいはてたひ 
出版社:リトル・モア
ISBN:978-4898153895
1,200円(税別)
多くの詩人たちは、宇宙や未来や自分や自分の本棚を見つめて詩を作ってきた。それもいいだろう。
でも、最果さんは、みんなとみんなが住んでいるこの世界を見つめて詩を作る。
そして、それを、ぼくたちみんなに、届けてくれるんだ。

―― 高橋源一郎(帯コメントより)


ネット世代の詩人が綴る、表現の新次元。


現代詩の概念を打ち破るような「詩で遊ぶ」ウェブアプリのリリースや、twitterやtumblrで作品を発表するなどジャンルを軽々と越え現代詩の新たな楽しみ方を提示し続けてきた最果タヒ。

3冊目となる待望の新詩集は鋭利かつ叙情的な言葉で剥き出しの感情と誰もが抱える孤独を浮き彫りにする、書き下ろし含む44篇を収録。


- - -
死者は星になる。
だから、きみが死んだ時ほど、
夜空は美しいのだろうし、
ぼくは、それを少しだけ、期待している。
きみが好きです。
死ぬこともあるのだという、
その事実がとても好きです。

「望遠鏡の詩」より抜粋
- - -
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 日本文学 > と同じカテゴリの 書籍
文学 > 日本文学 > と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加