マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 歴史・地理
  3. 西洋史
  4. ヨーロッパ史
  5. 奇蹟と痙攣 近代フランスの宗教対立と民衆文化(蔵持 不三也)言叢社
奇蹟と痙攣 近代フランスの宗教対立と民衆文化(蔵持 不三也)言叢社
奇蹟と痙攣 近代フランスの宗教対立と民衆文化
著 者: 蔵持 不三也くらもちふみや 
出版社:言叢社
ISBN:978-4862090744
7,800円(税別)
◆無名の「民衆の声」を伝える「奇蹟の証言集」(一次資料)を読み解き、18世紀フランスの「民衆のイマジネール」の動態を描く歴史人類学の大著

●1727年5月1日、パリの貧民街にあるサン=メダール教会で、清貧を貫いたジャンセニストの助祭パリスが息を引き取る。以後、その教会墓地でおびただしい奇蹟的快癒が生まれた。教皇権と王権、イエズス会に激しく抗するジャンセニズムを背景とし、民衆的なメシアニズムを表象するように、奇蹟的治癒者は、みずからが証言・署名した奇蹟体験の「記録」を残した。この民衆の、みずからを証し立てる「声」は、やがて、世紀末、フランス革命の「声」に重なっていく。
●本書は、その膨大な報告書と、奇蹟の真偽や「痙攣派」を巡る攻防の一次史料を詳細に読み解き、フランス近代における「民衆的イマジネール」の動態を描きだした歴史人類学、書きおろし大著。
以下のオンライン書店でご購入できます
歴史・地理 > 西洋史 > ヨーロッパ史と同じカテゴリの 書籍
歴史・地理 > 西洋史 > ヨーロッパ史と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加