マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 社会学
  4. 被害と加害をとらえなおす 虐待について語るということ(信田 さよ子、シャナ・キャンベル、上岡 陽江)春秋社
被害と加害をとらえなおす 虐待について語るということ(信田 さよ子、シャナ・キャンベル、上岡 陽江)春秋社
被害と加害をとらえなおす 虐待について語るということ
著 者: 信田 さよ子のぶたさよこ  シャナ・キャンベル  上岡 陽江かみおかはるえ 
出版社:春秋社
ISBN:978-4393365595
1,800円(税別)
虐待、DV、薬物依存を生きのびた女性と、家族問題に詳しい臨床心理士、自助グループを実践する精神保健福祉士が、暴力の知られざる影響、当事者が経験を分かち合うことの希望を語る。ここ15年の社会変化を念頭に被害・加害の認識を新しい切り口でとらえ直す。『虐待という迷宮』(2004)の改題増補版
以下のオンライン書店でご購入できます
被害と加害をとらえなおす 虐待について語るということ のことが書かれている 記事
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 書籍
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加