マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 哲学・思想
  4. ゾンビの小哲学 ホラーを通していかに思考するか(マキシム・クロンブ、武田 宙也、福田 安佐子)人文書院
ゾンビの小哲学 ホラーを通していかに思考するか(マキシム・クロンブ、武田 宙也、福田 安佐子)人文書院
ゾンビの小哲学 ホラーを通していかに思考するか
著 者: マキシム・クロンブ 
翻訳者: 武田 宙也 福田 安佐子
出版社:人文書院
ISBN:978-4409031032
2,400円(税別)
恐怖の哲学
われわれはなぜゾンビに魅了されるのか。なぜ彼らに襲われ、世界が崩壊するさまを何度も描き出してしまうのか。映画をはじめ多様なコンテンツに溢れるゾンビを、現代社会を生きる人々の欲望の徴候と捉え、カント、フロイト、アガンベン、ディディ=ユベルマン、クリステヴァなど豊富な思想的ツールを動員し、様々な切り口と角度から論じる、ゾンビを通した現代社会論の白眉。
「ゾンビは、風変わりなガイドであった。そのゆっくりとした、引きずるような足取りや、徘徊やためらいについてゆくことからわれわれは、現代をめぐる複雑で多義的なイメージを受け取ってきた。その眼に映し出すことによって、また、そのメタファーを書き換えなおすことによってさえ、ゾンビはわれわれに、とりわけ陰鬱な、ほとんどたがのはずれた世界を提示するのである。ここから、ゾンビとは流行の影響を受けたものというよりも、時代の、その問いや疑いの影響を受けたものであることがわかる。そのとき、われわれにとって身近な映画におけるゾンビの存在は、別の意味を帯びるようになる。それはいまや、気晴らしから徴候になりうるのである。」(本書より)
以下のオンライン書店でご購入できます
学問・人文 > 哲学・思想と同じカテゴリの 書籍
学問・人文 > 哲学・思想と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加