マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 外国文学
  4. 英文学
  5. フラナリー・オコナーの受動性と暴力 文学と神学の狭間で(山辺 省太)彩流社
フラナリー・オコナーの受動性と暴力 文学と神学の狭間で(山辺 省太)彩流社
フラナリー・オコナーの受動性と暴力 文学と神学の狭間で
著 者: 山辺 省太やまべしょうた 
出版社:彩流社
ISBN:978-4779125737
3,000円(税別)
アメリカ南部を代表するカソリック作家、
フラナリー・オコナー(1925-64)。

彼女の文学世界は、なぜグロテスクで暴力的な光景に
満ちているのか。

暴力性は、どのように神の倫理と結びつき、
神の恩寵の瞬間を迎えるのか。

暴力と恩寵が混在したオコナーの文学/神学世界において、
どのように登場人物の主体性が奪われ、
神の啓示の前で受動的な存在になるのか、
具体的な作品分析をとおして、
オコナー文学が内包する倫理に着目する。

◉ フラナリー・オコナー(1925-64)
アメリカ南部を代表するカソリック作家。
父親と同じ紅斑性狼瘡を煩い、39歳の若さで亡くなる。
短編小説の名手として知られ、
名前を冠した「フラナリー・オコナー短編小説賞」がある。

◉ 映画『スリー・ビルボード』【第90回アカデミー賞(2018年)
主演女優賞・助演男優賞受賞】が、オコナーと関連づけられ、
話題になりました!

◉1960年代のアメリカ南部を舞台にした
映画『グリーンブック』(20019年3月1日公開)が、
第91回アカデミー賞(2019年)作品賞・助演男優賞・脚本賞を受賞!
アメリカ南部に注目が集まります!
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 外国文学 > 英文学と同じカテゴリの 書籍
文学 > 外国文学 > 英文学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加