マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 哲学・思想
  4. 西洋思想
  5. 書斎の自画像 根本的に未完成なものとしての書斎(ジョルジョ・アガンベン、岡田 温司)月曜社
書斎の自画像 根本的に未完成なものとしての書斎(ジョルジョ・アガンベン、岡田 温司)月曜社
書斎の自画像 根本的に未完成なものとしての書斎
著 者: ジョルジョ・アガンベンじょるじゅあがんべん 
翻訳者: 岡田 温司おかだあつし
出版社:月曜社
ISBN:978-4865030808
2,700円(税別)
根本的に未完成なものとしての書斎。人々との出会い、書物との出会いの数々を明かしつつ、異なる時間と場所を宿すユートピアとしての書斎に託して、写真とともに綴られる、イタリア現代思想の重鎮による初めての自伝的エッセイ。【シリーズ〈哲学への扉〉第5回配本】
以下のオンライン書店でご購入できます
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想と同じカテゴリの 書籍
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加