マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 科学・技術
  3. 生物学
  4. アリストテレス 生物学の創造 上(アルマン・マリー・ルロワ、森 夏樹)みすず書房
アリストテレス 生物学の創造 上(アルマン・マリー・ルロワ、森 夏樹)みすず書房
アリストテレス 生物学の創造 上
著 者: アルマン・マリー・ルロワ 
翻訳者: 森 夏樹もりなつき
出版社:みすず書房
3,800円(税別)
アリストテレスは超一級の生物学者だった──しかも、史上一人目の。自身も進化と発生学の研究者である著者は、『動物誌』を中心にアリストテレスの生物学を調べあげ、2400年前の超人的先駆者の着眼と構想を掘り起こした。形態、発生、代謝、分類、老化、情報の継承まで──それは古くて新しい、ブリリアントな生物学だ。本書のどのページもアリストテレスのセンス・オブ・ワンダーと呼ぶべきものに満ちており、哲人を魅了した生物界の不思議さと精妙さに、読む者もまた魅入られてしまう。
知りうる限りの生物種について記述し、自ら動物の解剖を繰り返し、生物界の部分と全体をシステムとして分析したアリストテレス。彼が「仕事を終える頃には、素材、形、目的、変化などはもはや思弁哲学のおもちゃではなく、研究のプログラムとなっていた」。自然のありのままの体系に重ね合わせようと周到に編まれた理論には、生き物たちの多様さの中に張り巡らされたパターン性、生命の連続性と差異化についての深い洞察が織り込まれている。
本書はそんなアリストテレスの生物学的仕事の全貌を鮮やかに描き出すとともに、時代を超えて探求され続ける生物学の精髄を読み解く。
以下のオンライン書店でご購入できます
科学・技術 > 生物学と同じカテゴリの 書籍
科学・技術 > 生物学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加