マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 社会学
  4. 原子力発電世論の力学 リスク・価値観・効率性のせめぎ合い(北田 淳子)大阪大学出版会
原子力発電世論の力学 リスク・価値観・効率性のせめぎ合い(北田 淳子)大阪大学出版会
原子力発電世論の力学 リスク・価値観・効率性のせめぎ合い
著 者: 北田 淳子きただあつこ 
出版社:大阪大学出版会
ISBN:978-4872596908
3,500円(税別)
原子力発電に関する世論の実態を、長期継続調査のデータに基づき、社会学の視点を用いて明らかにした書。本書では、原子力発電世論を、利用の賛否という一面的・二分法的なものとしてではなく、人々の根底にある価値観の相違や動きも含めて捉えた。原子力発電のリスクや脱物質主義的価値観、経済効率性などが具体的にどう認識されているか、それらの認識は原子力関連の出来事によって実際にどう動いてきたかを綿密に分析した。 
以下のオンライン書店でご購入できます
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 書籍
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加