マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
  4. 随筆・エッセー
  5. メキシコDF テクストとしての都市(柳原 孝敦)東京外国語大学出版会
メキシコDF テクストとしての都市(柳原 孝敦)東京外国語大学出版会
メキシコDF テクストとしての都市
著 者: 柳原 孝敦やなぎはらたかあつ 
出版社:東京外国語大学出版会
ISBN:978-4904575789
1,900円(税別)
街はひとつのテクストである



都市を歩きながら、人はただその表層を眺めるのではない。文献を通じ、想像力を通じ、他者の記憶を通じて、その街角の異なる相貌を幻視してもいる。
ボラーニョ、オクタビオ·パス、ガルシア=マルケス、バルガス=リョサ、ブニュエル、エイゼンシュテイン、ディエゴ·リベラ、トロツキー、バスコンセロス、アルフォンソ·レイェス、ベルナール·ディーアス、大江健三郎、鶴見俊輔、野谷文昭......、ありとある幾多の文献·映像資料を縦横に渉猟しながら、メキシコDFに迷い込む。 深層に息づく声たちによって立ちあがる新しい風景。時空を超える紀行文学的都市論!
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセーと同じカテゴリの 書籍
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセーと同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加