マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 社会学
  4. 「コミックス」のメディア史 モノとしての戦後マンガとその行方(山森 宙史)青弓社
「コミックス」のメディア史 モノとしての戦後マンガとその行方(山森 宙史)青弓社
「コミックス」のメディア史 モノとしての戦後マンガとその行方
著 者: 山森 宙史やまもりひろし 
出版社:青弓社
ISBN:978-4787234605
2,400円(税別)
■紹介
雑誌と並ぶマンガの代表的形態であるコミックス。このコミックスの「モノとしての認識枠組み」が成立し変容するプロセスを生産・流通・消費の視点から解き明かし、現在のデジタル環境を踏まえた「メディアとしてのマンガ」への新たなアプローチを提示する。
■解説
雑誌と並ぶ日本のマンガの代表的形態であるコミックス。

マンガをめぐる紙から電子への流れが加速する一方で、コミックスでマンガを楽しむ読者は現在も多い。そもそもマンガはコミックスという出版メディアとどう出合い、コミックスはいかにして私たちの日常生活に溶け込んでいったのだろうか。

原型になった新書判の登場、雑誌の再録媒体という位置づけの獲得、書籍扱いである文庫とA5判の展開など、1960年代以降のコミックスの歩みをたどり、書店のコーナーができあがりマンガ専門店が登場する風景も掘り起こす。また、コミックス派を自任したり、美本を求めてコレクションしたり、古書店で売買したりするなど、読者がモノとしてコミックスをどう扱ってきたのかも描き出す。

生産・流通・消費の視点から、コミックスの「モノとしての認識枠組み」が成立し変容するプロセスを解き明かし、現在のデジタル環境を踏まえた「メディアとしてのマンガ」への新たなアプローチを提示する。
以下のオンライン書店でご購入できます
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 書籍
学問・人文 > 社会学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加