マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
  4. ミステリー
  5. 紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人(歌田 年)宝島社
紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人(歌田 年)宝島社
紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人
著 者: 歌田 年うただとし 
出版社:宝島社
ISBN:978-4299001405
1,380円(税別)
証拠品の手紙付き!
読者参加型ミステリー


2020年 第18回
『このミステリーがすごい!』大賞
大賞受賞作

どんな紙でも見分ける紙鑑定士と、伝説のプラモデル造形家が、ミニチュアハウスに隠された殺人計画を追う!
その紙が答えを知っている――。

事件を解く鍵となる手紙を実際に手にとって、真相にたどり着け!


満場一致の高評価で大賞を獲得!

紙にまつわる蘊畜と模型にまつわる蘊蓄が披露され、ダブルで面白い。
語り口とキャラクターは即戦力。
――大森 望(翻訳家・書評家)

紙鑑定士に模型のモデラ―という未知のキャラクターにまず惹かれた。
彼らの繰り出す蘊蓄も巧みに事件に活かされ、独自の探偵物語の生成に成功している。
――香山二三郎(コラムニスト)

模型や紙について繰り出されるマニアックな蘊蓄が面白いだけでなく、
それらの知識の情報が、しっかり事件や捜査と絡んでいるため、飽きることなく最後まで読ませる。
――吉野 仁(書評家)



どんな紙でも見分けられる男・渡部[わたべ]が営む紙鑑定事務所。
ある日そこに「紙鑑定」を「神探偵」と勘違いした女性が、彼氏の浮気調査をしてほしいと訪ねてくる。手がかりはプラモデルの写真一枚だけ。ダメ元で調査を始めた渡部は、伝説のプラモデル造形家・土生井[はぶい]と出会い、意外な真相にたどり着く。さらに翌々日、行方不明の妹を捜す女性が、妹の部屋にあったジオラマを持って渡部を訪ねてくる。土生井とともに調査を始めた渡部は、それが恐ろしい大量殺人計画を示唆していることを知り――。
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 日本文学 > ミステリーと同じカテゴリの 書籍
まほり
著 者:高田 大介
出版社:KADOKAWA
文学 > 日本文学 > ミステリー
文学 > 日本文学 > ミステリーと同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加