マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. ビジネス・経済
  3. メディア・マスコミ
  4. ジャーナリズムなき国の、ジャーナリズム論(大石 泰彦)彩流社
ジャーナリズムなき国の、ジャーナリズム論(大石 泰彦)彩流社
ジャーナリズムなき国の、ジャーナリズム論
著 者: 大石 泰彦おおいしやすひこ 
出版社:彩流社
ISBN:978-4779126253
2,600円(税別)
日本の「マスコミ」に権力の監視など期待できるのか?
この国の特異な報道のありようを分析し、
その根底にある制度的・構造的な矛盾を浮き彫りにする。
日本では「取材の自由」は法的に保障されていない。したがってこの国おける「取材」は権力側からの便宜供与に立脚してのみ可能となり、必然的にマスコミは権力の統治機構の一アクターになり果てる。それでも、この国に「ジャーナリズム」を見出すこと、未来に向かってそれを構築することは可能なのか?これまでのメディア論には存在しなかった新しい視座を提示。
以下のオンライン書店でご購入できます
ビジネス・経済 > メディア・マスコミと同じカテゴリの 書籍
ビジネス・経済 > メディア・マスコミと同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加