マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 歴史・地理
  3. 日本史
  4. 新聞連載小説の 挿絵でみる近代日本の身装文化(大丸 弘、高橋 晴子)三元社
新聞連載小説の 挿絵でみる近代日本の身装文化(大丸 弘、高橋 晴子)三元社
新聞連載小説の 挿絵でみる近代日本の身装文化
著 者: 大丸 弘だいまるひろし  高橋 晴子たかはしはるこ 
出版社:三元社
ISBN:978-4883035007
10,000円(税別)
明治から昭和の「描かれた日常」――
明治から昭和前期の日本人の身装[身体と装い]の変容を、膨大な挿絵から読み解いていく。当時、大衆に愛された新聞連載小説の挿絵には、高価な写真機の被写体にはなり得なかった「日々のすがたと暮らし」が活写されている。服装、髪型にとどまらず、人々をとりまく環境、情景、美意識など、人の「装う心」を主軸とした日常のありさまの移り変わりを、絵でみて体験できる一冊。
以下のオンライン書店でご購入できます
歴史・地理 > 日本史と同じカテゴリの 書籍
歴史・地理 > 日本史と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加