マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 芸術・娯楽
  3. 音楽
  4. 歌謡曲・演歌
  5. 昭和の作曲家20人100曲(塩澤 実信)論創社
昭和の作曲家20人100曲(塩澤 実信)論創社
昭和の作曲家20人100曲
著 者: 塩澤 実信しおざわみのぶ 
出版社:論創社
ISBN:978-4846019136
2,000円(税別)
昭和の作曲家20人の横顔と代表作5曲を紹介! 全100曲の昭和メロディが止まらない♪

古賀政男「悲しい酒」(美空ひばり)、服部良一「別れのブルース」(淡谷のり子)、古関裕而」「君の名は」(織井茂子)、渡久地政信「上海帰りのリル」(津村謙)、浜口庫之助「人生いろいろ」(島倉千代子)、吉田正「有楽町で逢いましょう」(フランク永井)、いずみたく「恋の季節」(ピンキーとキラーズ)、中村八大「世界の国からこんにちは」(三波春夫)、船村徹「王将」(村田英雄)、遠藤実「北国の春」(千昌男)、市川昭介「涙の連絡船」(都はるみ)、鈴木淳「霧にむせぶ夜」(黒木憲)、平尾昌晃「わたしの城下町」(小柳ルミ子)、猪俣公章「港町ブルース」(森進一)、中村泰士「喝采」(ちあきなおみ)、筒美京平「男の子女の子」(郷ひろみ)、三木たかし「つぐない」(テレサ・テン)、浜圭介「雨の慕情」(八代亜紀)、弦哲也「天城越え」(石川さゆり)、都倉俊一「UFO」(ピンク・レディー)…本書で取り上げた作曲家20人とその1曲を並べれば上記のようになる(カッコ内は歌手名)。

昭和の大作曲家20人を厳選し、それぞれの素顔とプロフィールを、舞台裏もまじえて生き生きと伝え、一作曲家につき代表作5曲を歌詞とともに紹介。全100曲それぞれのエピソードも描く。元日本レコード大賞審査委員の著者が、昭和の歌を時代の香り豊かに紹介する本書は、誰もが口ずさみたくなる一冊。思い出の曲を作曲家から紹介する昭和歌謡史の決定版。
以下のオンライン書店でご購入できます
芸術・娯楽 > 音楽 > 歌謡曲・演歌と同じカテゴリの 書籍
芸術・娯楽 > 音楽 > 歌謡曲・演歌と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加