マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 歴史・地理
  3. 西洋史
  4. ヨーロッパ史
  5. フランクフルト学派の ナチ・ドイツ秘密レポート(フランツ・F・ノイマン、ヘルベルト・マルクーゼ、オットー・キルヒハイマー、野口 雅弘、ラファエル・ラウダーニ)みすず書房
フランクフルト学派の ナチ・ドイツ秘密レポート(フランツ・F・ノイマン、ヘルベルト・マルクーゼ、オットー・キルヒハイマー、野口 雅弘、ラファエル・ラウダーニ)みすず書房
フランクフルト学派の ナチ・ドイツ秘密レポート
著 者: フランツ・F・ノイマン  ヘルベルト・マルクーゼ  オットー・キルヒハイマー 
翻訳者: 野口 雅弘のぐちまさひろ
編集者: ラファエル・ラウダーニ
出版社:みすず書房
ISBN:978-4622088578
6,500円(税別)
アメリカはすでに1942年頃から、ナチス・ドイツの敗北を想定し、戦後処理のための情報を収集していた。しかも書き手は、ドイツから亡命してきたフランクフルト学派の名だたる知識人、ノイマン、マルクーゼ、キルヒハイマーたちであった。
第二次世界大戦中にアメリカの「戦略情報局」(OSS、CIAの前身)の調査・分析部、中欧セクションで書かれた秘密文書をここに公刊。第一部「敵の分析」、第二部「崩壊のパターン」、第三部「政治的オポジション」、第四部「非ナチ化と〔占領〕軍事政府」、第五部「新しいヨーロッパのなかの新しいドイツ」、第六部「ニュルンベルクへ」、第七部「新たな敵」の七部構成・31編のドキュメントから日本語版として15編を収録する。
冷戦構造も見据えたアメリカの戦後世界構想はどのようなものであったか、ノイマンたちはどのような思いで何を書いていたのか。歴史的資料として貴重であるのは言うまでもなく、日本の戦後占領政策にも大きな影響を及ぼしたアメリカの「戦略情報局」の実態をはじめて明かした本書は、フランクフルト学派への新たな視点を提供するとともに、今日の政治・社会状況を考えるヒントも与えている。
以下のオンライン書店でご購入できます
歴史・地理 > 西洋史 > ヨーロッパ史と同じカテゴリの 書籍
スペイン通史
著 者:川成 洋
出版社:丸善出版
歴史・地理 > 西洋史 > ヨーロッパ史
カブラの冬
著 者:藤原 辰史
出版社:人文書院
歴史・地理 > 西洋史 > ヨーロッパ史
歴史・地理 > 西洋史 > ヨーロッパ史と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加