マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 外国文学
  4. イタリア文学
  5. どこか、安心できる場所で 新しいイタリアの文学 (パオロ・コニェッティ、関口 英子、橋本 勝雄、アンドレア・ラオス)国書刊行会
どこか、安心できる場所で 新しいイタリアの文学 (パオロ・コニェッティ、関口 英子、橋本 勝雄、アンドレア・ラオス)国書刊行会
どこか、安心できる場所で 新しいイタリアの文学
著 者: パオロ・コニェッティ 
編集者: 関口 英子せきぐちえいこ 橋本 勝雄はしもとかつお アンドレア・ラオス
出版社:国書刊行会
ISBN:978-4336065391
2,400円(税別)
エーコ、タブッキ、カルヴィーノだけじゃない、
もっと新しいイタリアの文学がここにある。
本邦初、21世紀イタリア短篇アンソロジーがついに登場!
13人の作家(うち11人が日本初紹介)による15の物語。
序文=小野正嗣

現代イタリア文学と聞いて思い浮かべるのは、エーコ、タブッキ、カルヴィーノ、ブッツァーティ、モラヴィア……しかし彼らがおもに活躍していたのは前世紀のこと。では、イタリアの文学は衰退したのかといえば、とんでもない、なぜこれまで紹介されてこなかったのか不思議に思える作家たちが山ほどいるのだ。本書はいまを生きる新しいイタリアの作家によるヴァラエティ豊かな作品を厳選した、本邦初の21世紀イタリア短篇アンソロジーである。普通の人々の生活に降りかかる移民・格差・人種問題、新しいセクシャリティのかたち、めくるめく幻想の世界、そして甘くほろ苦い少年少女時代の記憶――現在のイタリア文学シーンを代表する13人が繊細に大胆に鮮烈に描く多様性にみちた15の短篇を収録。巻末に各作家・作品を詳述する解説を附す。

 〈『どこか、安心できる場所で 新しいイタリアの文学』は、文学というレンズあるいはマイクを通して、21世紀のイタリアの諸側面を伝えてくれる。ここに読める作品はほぼ同時代に書かれたという点を除けば、それぞれ主題も文体もまったく異なっている。本書だけからでも、イタリア文学の「いま」がどれほど多様で豊かなものであるかがたしかに感じ取れる。これを機会に、ここに紹介された作家や他の作家たちの作品が翻訳されることを切望する。僕たちには海外の文学を読むことが必要なのだ。イタリアの「いま」を描く、あるいはイタリアで「いま」書かれているこれらの作品を読むことで、それをいわば鏡にして、日本の僕たちは自分自身の姿を見つめ直し、自分が生きる「いま」がどのようなところなのかを確認することができるからだ〉(序文より) 小野正嗣
以下のオンライン書店でご購入できます
文学 > 外国文学 > イタリア文学と同じカテゴリの 書籍
文学 > 外国文学 > イタリア文学と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加