マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. ビジネス・経済
  3. 出版
  4. 私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏(永江 朗)太郎次郎社エディタス
私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏(永江 朗)太郎次郎社エディタス
私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏
著 者: 永江 朗ながえあきら 
出版社:太郎次郎社エディタス
ISBN:978-4811808390
1,600円(税別)
反日、卑劣、心がない。平気でウソをつき、そして儒教に支配された人びと。かかわるべきではないけれど、ギャフンと言わせて、黙らせないといけない。なぜなら○○人は世界から尊敬される国・日本の支配をひそかに進めているのだから。ああ〇〇人に生まれなくてよかったなあ……。

だれもが楽しみと知恵を求めて足を運べるはずの本屋にいつしか、だれかを拒絶するメッセージを発するコーナーが堂々とつくられるようになった。そしてそれはいま、当たりまえの風景になった──。

「ヘイト本」隆盛の理由を求めて書き手、出版社、取次、書店へ取材。そこから見えてきた核心は出版産業のしくみにあった。「ああいう本は問題だよね」「あれがダメならこれもダメなのでは」「読者のもとめに応じただけ」と、他人事のような批評に興じるだけで、無為無策のまま放置された「ヘイト本」の15年は書店・出版業界のなにを象徴し、日本社会になにをもたらすのか。

書店・出版業界の大半が見て見ぬふりでつくりあげてきた〝憎悪の棚〟を直視し、熱くもなければ、かっこよくもない、ごく〝普通〟で凡庸な人たちによる、書店と出版の仕事の実像を明らかにする。
以下のオンライン書店でご購入できます
ビジネス・経済 > 出版と同じカテゴリの 書籍
ビジネス・経済 > 出版と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加