マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 芸術・娯楽
  3. 音楽
  4. 歌謡曲・演歌
  5. 音楽と契約した男 瀬尾一三(瀬尾 一三)ヤマハミュージックメディア
音楽と契約した男 瀬尾一三(瀬尾 一三)ヤマハミュージックメディア
音楽と契約した男 瀬尾一三
著 者: 瀬尾 一三せおいちぞう 
出版社:ヤマハミュージックメディア
ISBN:978-4636963052
2,500円(税別)
1969 年から音楽活動をはじめ「『いちご白書』をもう一度」(バンバン/1975)「オリビアを聴きながら」(杏里/1978)「とんぼ」(長渕 剛/1988)「壊れかけのRadio」(德永英明/1990)「糸」(中島みゆき/1992)「泣いてもいいんだよ」(ももいろクローバーZ /2014)等々数々の時代を創ったヒット曲を生み続けた男が、日本を代表する現役の作・編曲家 萩田光雄(「異邦人」「プレイバック Part2」等)音楽プロデューサー 松任谷正隆(松任谷由実 他)、山下達郎(竹内まりや 他)、亀田誠治(椎名林檎 他)4名とのレジェンド・スペシャル対談を軸に、現在も一線で活躍する各人のリアルな声を通して日本の音楽プロデュースの「現在(いま)」を浮き彫りにする。

そして、瀬尾一三が、今現在もヒットメーカーで在り続ける理由と、その支柱となっている「真(ほんとう)の音楽プロデュース」に迫る。
以下のオンライン書店でご購入できます
芸術・娯楽 > 音楽 > 歌謡曲・演歌と同じカテゴリの 書籍
芸術・娯楽 > 音楽 > 歌謡曲・演歌と同じカテゴリの 記事
このエントリーをはてなブックマークに追加