柄谷行人発言集 対話篇

11月12日発売

予約ページ

本の内容

デビューから50年にわたる対話の記録
(著者単行本未収録原稿のみを収録)

1969年の文芸評論家デビュー直後から、様々な論者(哲学者・作家・批評家・研究者・音楽家)と対話をおこなってきた柄谷行人氏。その50年にわたる対話の記録。
著者単行本未収録の「対話」55本を収録。総原稿は100万字(原稿用紙2500枚)を超える。著者30代~70代までの思考の軌跡を一望に見渡すことができ、〈夏目漱石論〉にはじまり、『マルクスその可能性の中心』『隠喩としての建築』『日本近代文学の起源』『批評とポスト・モダン』『探究』を経て、『トランスクリティーク』『世界史の構造』『哲学への起源』『帝国の構造』『憲法の無意識』へとつづく、巨大なる"知の山脈"を形作った思想家・批評家の、その格闘する姿が、本書で明らかになる。


◆著者プロフィール◆
柄谷行人(からたに・こうじん)
思想家。東京大学大学院修士課程修了。1969年、『〈意識〉と〈自然〉――漱石試論』で群像新人文学賞(評論部門)を受賞してデビュー。著書に『定本 柄谷行人集』(全5巻)、『哲学の起源』『世界史の構造』『世界共和国へ』『遊動論』『帝国の構造』『柄谷行人文学論集』『憲法の無意識』など。1941年生。

本書の特長

900頁超えの重厚感
半世紀にわたる叡智を収載


本書概要

【全対談者、47名】

赤坂憲雄、赤間啓之、秋山駿、浅川マキ、石原慎太郎、いとうせいこう、入江隆則、岩井克人、江藤淳、大澤真幸、大塚英志、大西巨人、奥泉光、桶谷秀昭、笠井潔、金井美恵子、唐十郎、苅部直、川村湊、國分功一郎、小林敏明、小森陽一、坂部恵、坂本龍一、佐々木幹郎、佐藤優、島田雅彦、絓秀実、関井光男、髙澤秀次、竹田青嗣、田中小実昌、田畑稔、多和田葉子、富岡多惠子、長崎浩、中村雄二郎、西部邁、日野啓三、平岡篤頼、福田和也、丸川哲史、三好行雄、横尾忠則、渡辺京二、渡部直己、汪暉


本体7,800円+税 A5判上製函入 940頁
ISBN:978-4-924671-45-4

11月12日発売!!

書店向け注文書ダウンロード

読書人オンラインショップで
事前ご予約のお客様には
先着で著者直筆の
サイン本をご購入いただけます。

予約ページへ