読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
今週号の目次
3244号
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 「ラディカル左翼」の行きづまりの中で なぜ「ユートピア」が語られなければならないのか
アメリカのユートピア 二重権力と国民皆兵制
著 者:フレドリック・ジェイムソン
編集者:スラヴォイ・ジジェク
出版社:書肆心水
学問・人文 > 哲学・思想
2018年6月23日
読書人紙面掲載 書評 問題を根底から考え抜き確固たる言葉で伝える 七十年におよぶ学究生活を通して、ブレは微塵もない
余白の声 文学・サルトル・在日─鈴木道彦講演集
著 者:鈴木 道彦
出版社:閏月社
学問・人文 > 評論・文学研究
2018年6月23日
読書人紙面掲載 書評 原発事故の問題を見据えて、被災地の「抵抗者」を掘り起こす
フクシマ・抵抗者たちの近現代史  平田良衛・岩本忠夫・半谷清寿・鈴木安蔵
著 者:柴田 哲雄
出版社:彩流社
学問・人文 > 伝記
2018年6月23日
読書人紙面掲載 書評 分在する私 伝記的事実と自叙とのずれから文学のあり方を考え直そうとする
自叙の迷宮 近代ロシア文化における自伝的言説
編集者:中村 唯史、大平 陽一
出版社:水声社
学問・人文 > 評論・文学研究 > 世界文学
2018年6月23日
読書人紙面掲載 書評 新たな啓蒙を促す知的営為の結晶 一貫したパースペクティヴのもとに論理的に構成
海洋国家アメリカの文学的想像力 ―海軍言説とアンテベラムの作家たち―
著 者:中西 佳世子、林 以知郎
出版社:開文社出版
学問・人文 > 評論・文学研究 > 世界文学
2018年6月23日
受賞 第三四回 太宰治賞 贈呈式開催
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
2018年6月22日
受賞 第六四回 江戸川乱歩賞 決定 斉藤詠一氏「到達不能極」
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
2018年6月22日
受賞 第3回 ショートショート大賞
学問・人文 > 評論・文学研究
2018年6月22日
編集室から 誰もが引き金を握っている状態
学問・人文 > 社会学
2018年6月22日
読書人紙面掲載 書評 時代における「像」が浮かぶ日本近代史をも透かし見せる教師像の変遷
教師像 文学に見る
著 者:綾目 広治
出版社:新読書社
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
2018年6月20日
読書人紙面掲載 書評 全体像を提示する試み再評価の機運を盛り上げる契機となる
佐藤春夫読本
著 者:辻本 雄一、河野 龍也
出版社:勉誠出版
学問・人文 > 評論・文学研究 > 作家研究
2018年6月20日
読書人紙面掲載 書評 グリムからはじまり柳田國男の足跡をたどる
グリム童話と日本昔話  比較民話の世界
著 者:高木昌史
出版社:三弥井書店
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
2018年6月20日
漢字点心
学問・人文 > 言語学
2018年6月19日
読書人紙面掲載 書評 「逸脱」の概念を探照灯として、ドゥールズ哲学の全体像を描く
ドゥルーズ 常軌を逸脱する運動
著 者:ダヴィッド・ラプジャード
出版社:河出書房新社
学問・人文 > 哲学・思想 > ジル・ドゥルーズ
2018年6月18日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 宇野重規 著『〈私〉時代のデモクラシー』東京大学大学院 高 琪琪
〈私〉時代のデモクラシー
著 者:宇野 重規
出版社:岩波書店
学問・人文 > 政治学
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 断絶にあって考えるということ 政治哲学にこだわった哲学者
神々の闘争と政治哲学の再生──レオ・シュトラウスの政治哲学
著 者:松尾 哲也
出版社:風行社
学問・人文 > 政治学
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 沖縄研究に新しい視座 丹念な聞き取り調査を踏まえて描く
動く墓  沖縄の都市移住者と祖先祭祀
著 者:越智 郁乃
出版社:森話社
学問・人文 > 民俗学・人類学
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 脱国体論――菊の廃止と星条旗からの独立 「新たな集団的主体性」に基づく立憲民主国家の樹立を!
国体論 菊と星条旗
著 者:白井 聡
出版社:集英社
学問・人文 > 政治学
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 「進化の実験場」に見る言葉の物語 「返還」50周年の節目に
小笠原諸島の混合言語の歴史と構造 日本元来の多文化共生社会で起きた言語接触
著 者:ダニエル・ロング
出版社:ひつじ書房
学問・人文 > 民俗学・人類学
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 日本文学全集の書誌調査と出版戦略を分析
日本文学全集の時代 ――戦後出版文化史を読む
著 者:田坂 憲二
出版社:慶應義塾大学出版会
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 ポスト・コロニアル的観点から 明治から一九二〇年代までに力点を置く
ガリヴァーとオリエント 日英図像と作品にみる東方幻想
著 者:千森 幹子
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 評論・文学研究 > 世界文学
2018年6月16日
編集室から なぜか童謡「かたつむり」
学問・人文 > 社会学
2018年6月15日
催しもの 日本近代文学会・2018年度6月例会
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
2018年6月15日
催しもの 公開講演会 フランスから見る現代の日本文学 その光と影
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究
2018年6月15日
読書人紙面掲載 書評 「聞くことの条件」をめぐる解析の試み 音響文化、聴覚文化における今後の参照点に
聞こえくる過去
著 者:ジョナサン・スターン
出版社:インスクリプト
学問・人文 > 社会学
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 逆境と闘いながら生きてゆく「イヌ」の生涯
悲しくてもユーモアを―文芸人・乾信一郎の自伝的な評伝
著 者:天瀬 裕康
出版社:論創社
学問・人文 > 伝記
2018年6月14日
次の30件を見る
2 3 4 5 6 7 24