マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

今週号の目次
3273号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 禅者大拙に連なる思想史の雄大なパノラマ大きな視野で、平明に描く
大拙
著 者:安藤 礼二
出版社:講談社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年1月19日
読書人紙面掲載 書評 待ち望まれていた研究論文集進化するロールズ研究の中で、長く読み継がれる一書に
ロールズを読む
著 者:井上 彰
出版社:ナカニシヤ出版
学問・人文 > 哲学・思想 > 倫理
2019年1月19日
読書人紙面掲載 書評 今に生きるミルトン 著者の言もまた「預言的気風」を帯びて
新井明選集1 ミルトン研究
著 者:新井 明
出版社:リトン
学問・人文 > 哲学・思想
2019年1月12日
読書人紙面掲載 書評 歴史的著作が半世紀ぶりに復刊〝アナキスト党による独裁政権の樹立〟を求めて
歴史からの黙示—— アナキズムと革命(増補改訂新版)
著 者:千坂 恭二
出版社:航思社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年1月12日
読書人紙面掲載 書評 無意味とノスタルジードゥルーズから思弁的実在論までを貫く、一人の哲学者の思考の軌跡
意味がない無意味
著 者:千葉 雅也
出版社:河出書房新社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年1月12日
読書人紙面掲載 書評 「リスク社会」の予言の書現代技術という一大迷宮に思いをめぐらす
技術の完成
著 者:フリードリヒ・ゲオルク・ユンガー
出版社:人文書院
学問・人文 > 哲学・思想
2019年1月12日
わが社のロングセラー 「真の異端」を目指す気概を森本あんり『異端の時代  正統のかたちを求めて』
異端の時代 正統のかたちを求めて
著 者:森本 あんり
出版社:岩波書店
学問・人文 > 哲学・思想
2019年1月4日
わが社のロングセラー 「正義の哲学」の展開を追う神島裕子『正義とは何か  現代政治哲学の6つの視点』
正義とは何か 現代政治哲学の6つの視点
著 者:神島 裕子
出版社:中央公論新社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年1月4日
読書人紙面掲載 書評 秩序志向のドゥルーズ?哲学者の一面を照らし出す綿密な読解
カオスに抗する闘い ドゥルーズ・精神分析・現象学
著 者:小倉 拓也
出版社:人文書院
学問・人文 > 哲学・思想
2018年12月15日
読書人紙面掲載 書評 包括的な確率論史を構築パスカル以前の豊かな前史を丹念に発掘
「蓋然性」の探求
著 者:ジェームズ・フランクリン
翻訳者:南條 郁子
出版社:みすず書房
学問・人文 > 哲学・思想
2018年11月24日
読書人紙面掲載 書評 三島の文芸と政治行動の双方を統合的に語る明治以前の日本の文学の多様な営為を引き継ぎ展開する役割
三島由紀夫の思想 (松本徹著作集2)
著 者:松本 徹
出版社:鼎書房
学問・人文 > 哲学・思想
2018年11月24日
読書人紙面掲載 書評 切迫した課題に向けて現代科学の議論を批判的に参照しつつ、独自の思考を紡ぎ出す
私は自由なのかもしれない 〈責任という自由〉の形而上学
著 者:斎藤 慶典
出版社:慶應義塾大学出版会
学問・人文 > 哲学・思想
2018年11月17日
読書人紙面掲載 書評 浩瀚にして精緻な論述本書は著者の方法論と問題意識を反映
批判的人類学のために 身体・歴史・人類学III
著 者:渡辺 公三
出版社:言叢社
学問・人文 > 哲学・思想
2018年11月17日
読書人紙面掲載 書評 理論の峰と経験の峰 生涯にあった二つの峰を地続きにしている山を掘り返す 
ルイ・アルチューセル 行方不明者の哲学
著 者:市田 良彦
出版社:岩波書店
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年11月10日
読書人紙面掲載 書評 廃墟のなかで戦後思想を検証し、鍛え直すために
思想の廃墟から 歴史への責任、権力への対峙のために
著 者:鵜飼 哲、岡野 八代、田中 利幸、前田 朗
出版社:彩流社
学問・人文 > 哲学・思想
2018年10月27日
読書人紙面掲載 書評 欲望の系譜を仙る作業の機縁に〈フランス現代思想〉が、いかにドイツ語圏の哲学・思想・文学を咀嚼してきたか
ドゥルーズ+ガタリ〈アンチ・オイディプス〉入門講義
著 者:仲正 昌樹
出版社:作品社
学問・人文 > 哲学・思想
2018年10月27日
読書人紙面掲載 書評 ある「遂行的哲学」の道程 広い境域を無駄なく精明に平明に語る
ハイデガーと哲学の可能性: 世界・時間・政治
著 者:森 一郎
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想
2018年10月27日
読書人紙面掲載 書評 混沌とした時代の道標に私たちの生きる「いま、ここ」を鋭く問う
『脱原発の哲学』は語る
著 者:佐藤 嘉幸、田口 卓臣、前田 朗、村田 弘
出版社:読書人
学問・人文 > 哲学・思想
2018年10月27日
読書人紙面掲載 書評 「実はかなりずるい」本 挑発的な論点が全編に散りばめられる
人形メディア学講義
出版社:河出書房新社
学問・人文 > 哲学・思想
2018年10月27日
読書人紙面掲載 書評 どうして三面記事なのか そこには人の深い真実が隠されているから
百フランのための殺人犯 三面記事をめぐる対談
著 者:ジャン ポーラン
出版社:書肆心水
学問・人文 > 哲学・思想
2018年10月22日
読書人紙面掲載 書評 初学者への最良の道しるべヴィンテージ・ローティ
ローティ論集 「紫の言葉たち」/今問われるアメリカの知性
著 者:リチャード・ローティ
翻訳者:冨田 恭彦
出版社:勁草書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年10月6日
読書人紙面掲載 書評 脱構築は、新たな生を開始する カントにおける「超越論的なもの」をめぐって
明日の前に 後成説と合理性
著 者:カトリーヌ・マラブー
出版社:人文書院
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月29日
読書人紙面掲載 書評 人間の群れの統治と量子の群れの統治というアナロジー
実在とは何か マヨラナの失踪
著 者:ジョルジョ・アガンベン
出版社:講談社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月29日
読書人紙面掲載 書評 資本主義の民主化と民主主義の再生 一人ひとりの市民による「下から」の社会形成
市民社会と民主主義 レギュラシオン・アプローチから
著 者:山田 鋭夫、植村 博恭、原田 裕治、藤田 菜々子
出版社:藤原書店
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月29日
次の30件を見る
2 3 4 5 6 7 8