マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

今週号の目次
3323号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 ハイデガーが何を考えたのか、その思惟から何を学べるか
原子力時代における哲学
著 者:國分 功一郎
出版社:晶文社
学問・人文 > 哲学・思想
2020年1月18日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 内田樹著『そのうちなんとかなるだろう』  明治大学 藤井 太雅
そのうちなんとかなるだろう
著 者:内田 樹
出版社:
学問・人文 > 哲学・思想
2020年1月18日
読書人紙面掲載 書評 独特かつ魅力的な自伝多種多様な知的交流を回想しつつ、みずからの生涯を綴る
書斎の自画像 根本的に未完成なものとしての書斎
著 者:ジョルジョ・アガンベン
翻訳者:岡田 温司
出版社:月曜社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年12月28日
読書人紙面掲載 書評 写真が内包する近代の矛盾日に日にぼやける写真の輪郭を掴む
イメージを逆撫でする 写真論講義 理論編
著 者:前川 修
出版社:東京大学出版会
学問・人文 > 哲学・思想
2019年12月28日
編集室から 肯定の力で新しい年に漕ぎ出したい
学問・人文 > 哲学・思想
2019年12月27日
読書人紙面掲載 書評 「マルチモダリティ」「形而上学」 「実践」が席巻した哲学出版界
悲しい曲の何が悲しいのか
著 者:源河 亨
出版社:慶應義塾大学出版会
学問・人文 > 哲学・思想
2019年12月21日
読書人紙面掲載 書評 自己嫌悪に陥った人間学「分身/怪物/アポカリプス」の三つの側面から描き出す
ゾンビの小哲学 ホラーを通していかに思考するか
著 者:マキシム・クロンブ
翻訳者:武田 宙也、福田 安佐子
出版社:人文書院
学問・人文 > 哲学・思想
2019年12月14日
読書人紙面掲載 書評 神経中心主義から精神の自由を擁護する哲学界の「学級委員長」マルクス・ガブリエルの表明
「私」は脳ではない 21世紀のための精神の哲学
著 者:マルクス・ガブリエル
翻訳者:姫田 多佳子
出版社: 講談社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年12月7日
読書人紙面掲載 書評 存在論的ルソー像に向けて濃密な構成と博学な叙述の力作
ルソーと方法
著 者:淵田 仁
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年12月7日
読書人紙面掲載 書評 類書に見られない貴重な資料内部の者にしか分からない重要な証言を含む
三島由紀夫と最後に会った青年将校
著 者:西村 繁樹
出版社:並木書房
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月30日
読書人紙面掲載 書評 近現代日本の教養思想の系譜を探求豊富な資料を駆使して見出された新たな知見にあふれる
丸山眞男の教養思想 学問と政治のはざまで
著 者:西村 稔
出版社: 名古屋大学出版会
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月30日
読書人紙面掲載 書評 遠いようで近い、簡単に見えて実に複雑な関係贈与に着目し経済中心主義の単一思考を問い直す
贈与論 資本主義を突き抜けるための哲学
著 者:岩野 卓司
出版社:青土社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年11月23日
読書人紙面掲載 書評 「絶えず始めなおす」 研究を再起動させる書物明日はないかもしれない、だけど、あさってはある。
在野研究ビギナーズ 勝手にはじめる研究生活 
著 者:荒木 優太
出版社:明石書店
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月23日
読書人紙面掲載 書評 本邦初のトランスジェンダー・スタディーズの理論書トランスジェンダーの身体論へ向けて
身体を引き受ける トランスジェンダーと物質性(マテリアリティ)のレトリック
著 者:ゲイル・サラモン
翻訳者:藤高 和輝
出版社:以文社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月23日
読書人紙面掲載 書評 的確に思考の見取り図を示すその難解な思想と生涯を丁寧に、わかりやすく紹介
ヴァルター・ベンヤミン 闇を歩く批評
著 者:柿木 伸之
出版社:岩波書店
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年11月16日
読書人紙面掲載 書評 三重の価値がある書物内戦の史料、著者の思想の表明、スペイン人論として
ベニカルロの夜会 スペインの戦争についての対話
著 者:マヌエル・アサーニャ
翻訳者:深澤 安博
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年11月16日
読書人紙面掲載 書評 社会の背景にある闇を内側から照らす有色の人間であること、移民二世・三世の軋轢
よい移民  現代イギリスを生きる21人の物語
著 者:ニケシュ・シュクラ
翻訳者:栢木 清吾
出版社:創元社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月16日
編集室から ここから何か変われるだろうか?
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月15日
読書人紙面掲載 書評 あの読書の愉楽へ小さな指の動きとともに未知の世界に身を置き、目を開き、言葉に耳を澄ましていく
そっとページをめくる 読むことと考えること
著 者:野矢 茂樹
出版社: 岩波書店
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月9日
読書人紙面掲載 書評 特異な人生の霊性を模索する声ドゥルーズの思想的変遷を描く道筋
ドゥルーズの自然哲学 断絶と変遷
著 者:小林 卓也
出版社: 法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月9日
読書人紙面掲載 書評 浩瀚にして高水準な本格的哲学書著者が構築した独自の論理体系が全貌を現す
性質一元論 公理的性質論に基づく哲学的諸問題の解明
著 者:和田 和行
出版社:せりか書房
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月2日
読書人紙面掲載 書評 食事を通して自己と向き合うつくる、食べる、片づけるまでの心構えを丁寧に解説
精進料理考
著 者:吉村 昇洋
出版社:春秋社
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月2日
読書人紙面掲載 書評 ヘーゲル的主体のアレゴリーとしてのヘーゲル受容史 
欲望の主体  ヘーゲルと二〇世紀フランスにおけるポスト・ヘーゲル主義
著 者:ジュディス・バトラー
翻訳者:大河内 泰樹、岡崎 佑香、岡崎 龍、野尻 英一
出版社:堀之内出版
学問・人文 > 哲学・思想
2019年11月2日
次の30件を見る
2 3 4 5 6 7 12