マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
今週号の目次
3323号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
受賞 第15回河上肇賞決定
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年1月17日
読書人紙面掲載 書評 通念を打ち砕く鮮烈な日本文学史
和歌の黄昏 短歌の夜明け
著 者:島内 景二
出版社:花鳥社
文学 > 日本文学 > 詩
2020年1月11日
読書人紙面掲載 書評 「愚者たちの希望」多数の作家・思想家の事績と賢治との間に回路を通す
宮沢賢治 デクノボーの叡知
著 者:今福 龍太
出版社:新潮社
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年1月11日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 伊坂幸太郎著『魔王』
魔王
著 者:伊坂 幸太郎
出版社:講談社
文学 > 日本文学
2020年1月11日
書評アイドル 渡辺小春が読む芥川賞 「乙女」とは一体なんなのか
乙女の密告
著 者:赤染 晶子
出版社:新潮社
文学 > 日本文学 > 青春
2020年1月7日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 安藤祐介著『本のエンドロール』 愛知学院大学 増田 優菜
本のエンドロール
著 者:安藤 祐介
出版社:講談社
文学 > 日本文学
2019年12月29日
出版メモ 山縣良和文・絵 ぼくは0てん
文学 > 日本文学 > 児童文学
2019年12月29日
読書人紙面掲載 書評 未成熟のまま初めて「自分の歌」を歌った中森明夫
青い秋
著 者:中森 明夫
出版社:光文社
文学 > 日本文学
2019年12月28日
読書人紙面掲載 書評 両極の石原像の存在優れた石原論者による新たな石原吉郎論
岸辺のない海 石原吉郎ノート
著 者:郷原 宏
出版社:未来社
文学 > 日本文学
2019年12月28日
読書人紙面掲載 書評 俳句の普遍性(不易)の予感は?鴇田智哉「俳句の不謹慎さ、そして主体感」ほか
新興俳句アンソロジー
編 集:現代俳句協会青年部
出版社:ふらんす堂
文学 > 日本文学 > 俳句
2019年12月27日
読書人紙面掲載 書評 詩歌の危機、文学の危機に反対声明 中堅からベテランの歌人の充実した歌集、そして万葉集
歌集 秋のモテット
著 者:中根 誠
出版社:KADOKAWA
文学 > 日本文学 > 俳句
2019年12月27日
読書人紙面掲載 書評 青白い炎は冷たく燃える全ての固定観念や属性やアイデンティティに 否を突きつける
改良
著 者:遠野 遥
出版社:河出書房新社
文学 > 日本文学
2019年12月14日
読書人紙面掲載 書評 姉と妹、言語と音楽「言葉か音か」の葛藤の行く末を描く衒学小説
音に聞く
著 者:髙尾 長良
出版社: 文藝春秋
文学 > 日本文学
2019年12月14日
読書人紙面掲載 書評 生者と死者の日常的な交流私たちの生き方そのものを根元から問う
小箱
著 者:小川 洋子
出版社:朝日新聞出版
文学 > 日本文学
2019年12月14日
新刊 安倍夜郎著酒の友 めしの友
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年12月14日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 森沢明夫著『かたつむりがやってくる たまちゃんのおつかい便』
かたつむりがやってくる たまちゃんのおつかい便
著 者:森沢 明夫
出版社:実業之日本社
文学 > 日本文学 > 恋愛
2019年12月14日
読書人紙面掲載 書評 独自な達成を成し遂げる最新の研究や成果を取り込んだ堅実な評伝
柳田国男 感じたるまゝ
著 者:鶴見 太郎
出版社:ミネルヴァ書房
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2019年12月7日
読書人紙面掲載 書評 「キシモト的」日常ささいな出来事の先に広がる異世界
ひみつのしつもん
著 者:岸本 佐知子
出版社:筑摩書房
文学 > 日本文学
2019年12月7日
読書人紙面掲載 書評 抒情と実践の論理―国語的〈知〉の軌跡―
職業としての「国語」教育 方法的視点から
著 者:工藤 信彦
出版社:石風社
文学 > 日本文学
2019年12月7日
読書人紙面掲載 書評 生命文明こそが地球環境を救う生命の源は水であり、生命文明の基本は稲作である
水の恵みと生命文明
著 者:安田 喜憲
出版社:第三文明社
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2019年12月7日
新刊 藤井 茂著一代の出版人 増田義一伝
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年12月7日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 原田マハ著『独立記念日』
独立記念日
著 者:原田 マハ
出版社: PHP研究所
文学 > 日本文学
2019年12月7日
読書人紙面掲載 書評 「森」に分け入るための道標として作家を戦後の社会思想史に定位、作品群に系統的な見通しを与える
大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家
著 者:山本 昭宏
出版社:人文書院
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2019年11月30日
読書人紙面掲載 書評 「においこそ小説の王道であったか!」芳香、薫香、幽香、悪臭、異臭、性臭、多様な「におい」が立ちこめる文学
匂いと香りの文学誌
著 者:真銅 正宏
出版社:春陽堂書店
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2019年11月30日
次の30件を見る
2 3 4 5 6 7 31