マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
今週号の目次
3333号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 限界状況に見舞われた者たちの独白ストーンズでいうなら『サタニック・マジェスティーズ』
離人小説集
著 者:鈴木 創士
出版社:幻戯書房
文学 > 日本文学
2020年3月28日
読書人紙面掲載 書評 真剣勝負の対談、激書習近平を国賓として招く是非、言論の自由、民主主義の本質
激突! 遠藤vs田原 日中と習近平国賓
著 者:遠藤 誉、田原 総一朗
出版社:実業之日本社
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年3月28日
編集室から ちゃんと生きなければという希望が湧いてくる本
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年3月21日
読書人紙面掲載 書評 「繁茂」する声、共生の語り「言語の運動神経のなさ」を逆手にとった鈍重な歩み
背高泡立草
著 者:古川 真人
出版社:集英社
文学 > 日本文学
2020年3月21日
読書人紙面掲載 書評 石上露子の全貌を明らかにする作家研究の力作「女であること」の意味を問い続けた先駆者
石上露子私論 女性にて候、されど
著 者:楫野 政子
出版社:風詠社
文学 > 日本文学
2020年3月14日
読書人紙面掲載 書評 言葉が返ってくるのを待つ余白二つの史観のあいだで想像する自由を
日々の子どもたち あるいは366篇の世界史
著 者:エドゥアルド・ガレアーノ
翻訳者:久野 量一
出版社:岩波書店
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年3月14日
読書人紙面掲載 書評 みっちんの手仕事みっちんの手仕事<きょうも雨あすも雨わたしは魂の遠ざれき>
石牟礼道子〈句・画〉集色のない虹
著 者:石牟礼 道子
出版社:弦書房
文学 > 日本文学 > 俳句
2020年3月14日
読書人紙面掲載 書評 名探偵の「事件簿」さながら新発見の「お宝」を証明するまでのプロセス
直筆の漱石 発掘された文豪のお宝
著 者:川島 幸希
出版社:新潮社
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年3月7日
読書人紙面掲載 書評 文人たちと 理論物理学との邂逅新たな物理学の思想が世界認識と文芸表現に変革を迫る過程を検証
合理的なものの詩学 近現代日本文学と理論物理学の邂逅
著 者:加藤 夢三
出版社:ひつじ書房
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年3月7日
読書人紙面掲載 書評 竹本 健治著狐火の辻
狐火の辻
著 者:竹本 健治
出版社:KADOKAWA
文学 > 日本文学 > ミステリー
2020年3月7日
受賞 第六回新潮ミステリー大賞
文学 > 日本文学 > ミステリー
2020年3月6日
読書人紙面掲載 書評 澁澤再発見の新たな幕が上がった澁澤最晩年の編集者による初の評伝、文学の本質に深く分け入る
龍彥親王航海記 澁澤龍彥伝
著 者:礒崎 純一
出版社:白水社
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年2月29日
読書人紙面掲載 書評 中世和歌を学ぶ者たちへ、導きの一冊「和歌史の巨人」藤原俊成の生涯を丹念に辿る
藤原俊成 中世和歌の先導者
著 者:久保田 淳
出版社:吉川弘文館
文学 > 日本文学 > 俳句
2020年2月29日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 相沢沙呼著『小説の神様』
小説の神様
著 者:相沢 沙呼
出版社:講談社
文学 > 日本文学 > ミステリー
2020年2月29日
新刊 小林 エリコ著生きながら十代に葬られ
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2020年2月29日
編集室から 読んだ後、誰かに言葉を伝えたくなる本
文学 > 日本文学 > 歴史・時代
2020年2月28日
読書人紙面掲載 書評 真摯に実像に迫ったレポート 一人の母の悲しみがどの子も「うちの子」という愛に変わる
実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実
著 者:秋山 千佳
出版社:KADOKAWA
文学 > 日本文学 > ノンフィクション
2020年2月22日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 初野晴著『退出ゲーム』  武庫川女子大学短期大学部 木山 采佳
退出ゲーム
著 者:初野 晴
出版社:角川書店
文学 > 日本文学 > ミステリー
2020年2月22日
受賞 角川俳句賞・短歌賞贈呈式
文学 > 日本文学 > 俳句
2020年2月21日
読書人紙面掲載 書評 言葉を蹂躙され続けた芙美子のために研究史の見落としや「意図的封印」に遭った作品の数々
林芙美子全文業録 未完の放浪
著 者:廣畑 研二
出版社:論創社
文学 > 日本文学
2020年2月15日
読書人紙面掲載 書評 丁寧な作りで魅了する民俗学ミステリ実在感のある因習の《不気味さ》と集落の《閉鎖性》
まほり
著 者:高田 大介
出版社:KADOKAWA
文学 > 日本文学 > ミステリー
2020年2月15日
読書人紙面掲載 書評 触媒役として歴史を大きく動かした、快男児の生きざま
赤星鉄馬 消えた富豪
著 者:与那原 恵
出版社:中央公論新社
文学 > 日本文学
2020年2月15日
新刊 塗中録
文学 > 日本文学 > 俳句
2020年2月15日
次の30件を見る
2 3 4 5 6 7 34