マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

今週号の目次
3256号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 「エピゴーネンの流儀」とは何か 哲学者の思考に寄り添いながら、ともに思索を紡ぐ
アガンベンの身振り
著 者:岡田 温司
出版社:月曜社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月15日
読書人紙面掲載 書評 メイヤスー入門に最適の一冊 着眼点と立論の面白さを味わう
亡霊のジレンマ -思弁的唯物論の展開-
著 者:カンタン・メイヤスー
翻訳者:千葉 雅也
出版社:青土社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月1日
読書人紙面掲載 書評 慶賀すべき一大事件 難事業に果敢に挑戦した訳者たち
個体化の哲学 形相と情報の概念を手がかりに
著 者:ジルベール・シモンドン
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月1日
読書人紙面掲載 書評 個々の女性の可能性を求めて 「過小評価されてきた」先駆者を再評価する
ボーヴォワール
著 者:ジュリア・クリステヴァ
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年8月11日
読書人紙面掲載 書評 国家の理念とは何か 今日と未来の政治社会のあり方を考える、格好の機会に
ヘーゲル国家学
著 者:神山 伸弘
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年8月2日
読書人紙面掲載 書評 カントを導きの糸にして 正義をめぐる哲学的/政治的な境界を越える
正義の境界
著 者:オノラ・オニール
出版社:みすず書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月25日
読書人紙面掲載 書評 ディドロあるいは啓蒙のアジテーター  ゴッジによるラディカルな文献学の試み
ドニ・ディドロ、哲学者と政治 自由な主体をいかに生み出すか
著 者:ジャンルイジ・ゴッジ
出版社:勁草書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月22日
読書人紙面掲載 書評 生誕から死後の評価までその人生と仕事を描く
評伝レヴィナス 生と痕跡
著 者:サロモン・マルカ
出版社:慶應義塾大学出版会
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月22日
読書人紙面掲載 書評 中世討論集の精華 神学的思索への誘い
トマス・アクィナス 真理論 上
著 者:トマス・アクィナス
監修者:稲垣 良典、山本 耕平
出版社:平凡社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月21日
読書人紙面掲載 書評 読み応えのある科学史 科学とは何かを考える上で、多くの示唆与える
生物学と個人崇拝 ジョレス・メドヴェージェフ ロイ・メドヴェージェフ選集第3巻
著 者:ジョレス・メドヴェージェフ
監修者:佐々木 洋
出版社:現代思潮新社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月21日
読書人紙面掲載 書評 「二一世紀の現代思想」の幕開けを告げる 相関主義から抜け出す出口を見出す
有限性の後で 偶然性の必然性についての試論
著 者:カンタン・メイヤスー
翻訳者:千葉 雅也、大橋 完太郎、星野 太
出版社:人文書院
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月16日
読書人紙面掲載 書評 世界的な研究の最先端に立つ ラインホルトの生涯に沿った全十四章
ラインホルト哲学研究序説
著 者:田端 信廣
出版社:萌書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月15日
読書人紙面掲載 書評 研究の新たな出発点に 学問の悪しき専門化を超えて
ヘーゲル講義録研究
著 者:オットー・ペゲラー
翻訳者:寄川 条路
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月11日
読書人紙面掲載 書評 豊かな思考帯域の広がりに立ち返る 今まで見たことがないソシュールの思考に近づく
21世紀のソシュール
著 者:松澤 和宏
出版社:水声社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月7日
読書人紙面掲載 書評 「知性」の濃密な言葉 半世紀以上前の知的抵抗をいかに描き出す
人間という仕事 フッサール、ブロック、オーウェルの抵抗のモラル
著 者:ホルヘ・センプルン
出版社:未来社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月1日
読書人紙面掲載 書評 新たなナンシー像を伝える「芸術の終焉」の後の「(諸)芸術」の可能性 複数の読者に開かれた書
ミューズたち
著 者:ジャン=リュック・ナンシー
出版社:月曜社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年6月30日
読書人紙面掲載 書評 終末論的ニヒリズムを越えて 現実を冷静に受け止めようとする意思を明確に表明した著作
カタストロフからの哲学 ジャン=ピエール・デュピュイをめぐって
編集者:渡名喜 庸哲、森元 庸介
出版社:以文社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年6月28日
読書人紙面掲載 書評 刺激的な「ドイツ観念論」読解 「私とは何か」を徹底的に問い尋ねる
神話・狂気・哄笑 ドイツ観念論における主体性
著 者:マルクス・ガブリエル、スラヴォイ・ジジェク
出版社:堀之内出版
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年6月28日
読書人紙面掲載 書評 広く読まれるべき力作 西洋における人文主義的系譜の歴史像を決定的に豊かに刷新
テクストの擁護者たち 近代ヨーロッパにおける人文学の誕生
著 者:アンソニー・グラフトン
出版社:勁草書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 「現代」の哲学の諸相をあきらかに 多彩な問題の所在を簡潔に示す概説書
新・カント読本
著 者:牧野 英二
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年6月2日
読書人紙面掲載 書評 デモクラシーの可能性を探る 「われわれ」を勇気づける潜在的メッセージに満ちる
コンドルセと〈光〉の世紀 科学から政治へ
著 者:永見 瑞木
出版社:白水社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年4月28日
読書人紙面掲載 書評 二つの「考古学」から「系譜学」へ フーコーの哲学的方法を明らかにする
ミシェル・フーコー、経験としての哲学 方法と主体の問いをめぐって
著 者:阿部 崇
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年4月7日
読書人紙面掲載 書評 数々の刺戟的な発見に満ちる 二〇世紀前半ドイツ思想史を検討するうえで啓発的
ブルーノ・タウト研究 ロマン主義から表現主義へ
著 者:長谷川 章
出版社:ブリュッケ
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年3月31日
読書人紙面掲載 書評 西洋哲学史の広がりと深さ 充実した内容に心憎いほどの工夫を凝らす
メルロ=ポンティ哲学者事典 第一巻 東洋と哲学・哲学の創始者たち・キリスト教と哲学
著 者:モーリス・メルロ=ポンティ
監修者:加賀野井 秀一、伊藤 泰雄、本郷 均、加國 尚志
出版社:白水社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年3月24日
読書人紙面掲載 書評 へーゲルを楽しむ 体系を完成した哲学者でなく、体系の思想を確立した哲学者として
加藤尚武著作集 第1巻 ヘーゲル哲学のなりたち
著 者:加藤 尚武
出版社:未来社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年3月17日
読書人紙面掲載 書評 アリストテレスの哲学に「時間」の通奏低音を聞き取る試み
アリストテレスの時間論
著 者:篠澤 和久
出版社:東北大学出版会
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年3月10日
読書人紙面掲載 書評 史家はヴィーコから何を学べるか ――研究の集大成――
ヴィーコ論集成
著 者:上村 忠男
出版社:みすず書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年2月3日
読書人紙面掲載 書評 フランスの女性運動と向き合う 平等と差異の根源に立ち返って
日本とフランスのあいだで 思想の軌跡
著 者:棚沢 直子
出版社:御茶の水書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年2月3日
次の30件を見る
2