マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

今週号の目次
3303号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 次の十年にファッションを思考するために思考のための基盤として、あるいは起爆剤として
ファッションと哲学 16人の思想家から学ぶファッション論入門
著 者:アニェス・ロカモラ、アネケ・スメリク
翻訳者:蘆田 裕史
出版社:フィルムアート社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年8月17日
図書館員のおすすめ本(日本図書館協会) 世界のエリートが学んでいる 教養としての哲学
世界のエリートが学んでいる教養としての哲学
著 者:小川 仁志
出版社:PHP研究所
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年7月23日
読書人紙面掲載 書評 ギリシア語とドイツ語の術語から 読み解く後期ハイデガー入門
〈後期〉ハイデガー入門講義
著 者:仲正 昌樹
出版社:作品社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年6月15日
読書人紙面掲載 書評 新しいデリダ像を提示する多様な論考さらなる思考の発明を誘発するために
プシュケー 他なるものの発明Ⅱ
著 者:ジャック・デリダ
翻訳者:藤本 一勇
出版社:岩波書店
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年6月15日
読書人紙面掲載 書評 資本=精神の現象学と偶然性唯物論の階級闘争十五年に渡る諸論文を収めた思索の「経過報告」
ドゥルーズとマルクス 近傍のコミュニズム
著 者:松本 潤一郎
出版社:みすず書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年6月1日
読書人紙面掲載 書評 科学者的詩人の「地球の自然学」科学者的詩人の「地球の自然学」フンボルトの生涯にわたる探検と著作活動の特徴を浮き彫りに
フンボルトのコスモス思想 自然科学の世界像
著 者:木村 直司
出版社:南窓社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年6月1日
読書人紙面掲載 書評 知的誘惑に富んだ書物戦闘的な方向性を持ちつつ、堅実かつ古典的なテキスト読解
ベルクソン『物質と記憶』を再起動する 拡張ベルクソン主義の諸展望
著 者:平井 靖史、藤田 尚志、我孫子 信
出版社:書肆心水
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年5月4日
読書人紙面掲載 書評 書かれるべきテーマを書くべき研究者が書く百科全書的な視野の広さに加えて、独自の視点と分析を開陳
オカルティズム  非理性のヨーロッパ
著 者:大野 英士
出版社:講談社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年3月2日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 石井洋二郎著『フランス的思考 野生の思考者たちの系譜』立教大学 青木 涼馬
フランス的思考 野生の思考者たちの系譜
著 者:石井 洋二郎
出版社:中央公論新社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2019年1月22日
読書人紙面掲載 書評 理論の峰と経験の峰 生涯にあった二つの峰を地続きにしている山を掘り返す 
ルイ・アルチューセル 行方不明者の哲学
著 者:市田 良彦
出版社:岩波書店
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年11月10日
読書人紙面掲載 書評 初学者への最良の道しるべヴィンテージ・ローティ
ローティ論集 「紫の言葉たち」/今問われるアメリカの知性
著 者:リチャード・ローティ
翻訳者:冨田 恭彦
出版社:勁草書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年10月6日
読書人紙面掲載 書評 脱構築は、新たな生を開始する カントにおける「超越論的なもの」をめぐって
明日の前に 後成説と合理性
著 者:カトリーヌ・マラブー
出版社:人文書院
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月29日
読書人紙面掲載 書評 人間の群れの統治と量子の群れの統治というアナロジー
実在とは何か マヨラナの失踪
著 者:ジョルジョ・アガンベン
出版社:講談社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月29日
読書人紙面掲載 書評 資本主義の民主化と民主主義の再生 一人ひとりの市民による「下から」の社会形成
市民社会と民主主義 レギュラシオン・アプローチから
著 者:山田 鋭夫、植村 博恭、原田 裕治、藤田 菜々子
出版社:藤原書店
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月29日
読書人紙面掲載 書評 「エピゴーネンの流儀」とは何か 哲学者の思考に寄り添いながら、ともに思索を紡ぐ
アガンベンの身振り
著 者:岡田 温司
出版社:月曜社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月15日
読書人紙面掲載 書評 メイヤスー入門に最適の一冊 着眼点と立論の面白さを味わう
亡霊のジレンマ -思弁的唯物論の展開-
著 者:カンタン・メイヤスー
翻訳者:千葉 雅也
出版社:青土社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月1日
読書人紙面掲載 書評 慶賀すべき一大事件 難事業に果敢に挑戦した訳者たち
個体化の哲学 形相と情報の概念を手がかりに
著 者:ジルベール・シモンドン
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年9月1日
読書人紙面掲載 書評 個々の女性の可能性を求めて 「過小評価されてきた」先駆者を再評価する
ボーヴォワール
著 者:ジュリア・クリステヴァ
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年8月11日
読書人紙面掲載 書評 国家の理念とは何か 今日と未来の政治社会のあり方を考える、格好の機会に
ヘーゲル国家学
著 者:神山 伸弘
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年8月2日
読書人紙面掲載 書評 カントを導きの糸にして 正義をめぐる哲学的/政治的な境界を越える
正義の境界
著 者:オノラ・オニール
出版社:みすず書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月25日
読書人紙面掲載 書評 ディドロあるいは啓蒙のアジテーター  ゴッジによるラディカルな文献学の試み
ドニ・ディドロ、哲学者と政治 自由な主体をいかに生み出すか
著 者:ジャンルイジ・ゴッジ
出版社:勁草書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月22日
読書人紙面掲載 書評 生誕から死後の評価までその人生と仕事を描く
評伝レヴィナス 生と痕跡
著 者:サロモン・マルカ
出版社:慶應義塾大学出版会
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月22日
読書人紙面掲載 書評 中世討論集の精華 神学的思索への誘い
トマス・アクィナス 真理論 上
著 者:トマス・アクィナス
監修者:稲垣 良典、山本 耕平
出版社:平凡社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月21日
読書人紙面掲載 書評 読み応えのある科学史 科学とは何かを考える上で、多くの示唆与える
生物学と個人崇拝 ジョレス・メドヴェージェフ ロイ・メドヴェージェフ選集第3巻
著 者:ジョレス・メドヴェージェフ
監修者:佐々木 洋
出版社:現代思潮新社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月21日
読書人紙面掲載 書評 「二一世紀の現代思想」の幕開けを告げる 相関主義から抜け出す出口を見出す
有限性の後で 偶然性の必然性についての試論
著 者:カンタン・メイヤスー
翻訳者:千葉 雅也、大橋 完太郎、星野 太
出版社:人文書院
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月16日
読書人紙面掲載 書評 世界的な研究の最先端に立つ ラインホルトの生涯に沿った全十四章
ラインホルト哲学研究序説
著 者:田端 信廣
出版社:萌書房
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月15日
読書人紙面掲載 書評 研究の新たな出発点に 学問の悪しき専門化を超えて
ヘーゲル講義録研究
著 者:オットー・ペゲラー
翻訳者:寄川 条路
出版社:法政大学出版局
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月11日
読書人紙面掲載 書評 豊かな思考帯域の広がりに立ち返る 今まで見たことがないソシュールの思考に近づく
21世紀のソシュール
著 者:松澤 和宏
出版社:水声社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月7日
読書人紙面掲載 書評 「知性」の濃密な言葉 半世紀以上前の知的抵抗をいかに描き出す
人間という仕事 フッサール、ブロック、オーウェルの抵抗のモラル
著 者:ホルヘ・センプルン
出版社:未来社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年7月1日
読書人紙面掲載 書評 新たなナンシー像を伝える「芸術の終焉」の後の「(諸)芸術」の可能性 複数の読者に開かれた書
ミューズたち
著 者:ジャン=リュック・ナンシー
出版社:月曜社
学問・人文 > 哲学・思想 > 西洋思想
2018年6月30日
次の30件を見る
2 3