マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

今週号の目次
3318号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
新刊 多田尋子著多田尋子小説集 体温
文学 > 日本文学 > 詩
2019年11月23日
読書人紙面掲載 書評 「閉鎖京都系」詩人たちの 詩的光芒60年代の京都で疾風怒濤を体験する物語
京都詩人傳 一九六〇年代詩漂流記
著 者:正津 勉
出版社:アーツアンドクラフツ
文学 > 日本文学 > 詩
2019年11月23日
読書人紙面掲載 書評 歌とともにどこまでも自由に歩むいまだ縄跳びの円から駆け抜けられぬ私たち、偉大な歌人が残した大きな宿題
レダの靴を履いて 塚本邦雄の歌と歩く
著 者:尾崎 まゆみ
出版社:書肆侃侃房
文学 > 日本文学 > 詩
2019年11月16日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 最果タヒ著『死んでしまう系のぼくらに』
死んでしまう系のぼくらに
著 者:最果 タヒ
出版社:リトル・モア
文学 > 日本文学 > 詩
2019年11月16日
読書人紙面掲載 書評 「弱い力」を解き放つテクストが未来を先取りするものであるとしたら
危機を生きる言葉 2010年代現代詩クロニクル
著 者:野村 喜和夫
出版社: 思潮社
文学 > 日本文学 > 詩
2019年10月26日
読書人紙面掲載 書評 シュウルレアリスムの名誉ある血統を生きた、《幻の詩人》
薔薇色のアパリシオン 冨士原清一詩文集成
著 者:京谷裕彰、冨士原 清一
出版社:共和国
文学 > 日本文学 > 詩
2019年10月12日
新刊 恋人た恋人たちはせーので光る 最果タヒ著
文学 > 日本文学 > 詩
2019年9月28日
読書人紙面掲載 書評 美術家をとりまく熾烈な競争の世界
ルネサンスのライヴァルたち ミケランジェロ、レオナルド、ラファエッロ、ティツィアーノ
著 者:ローナ・ゴッフェン
翻訳者:塚本 博、二階堂 充
出版社:三元社
文学 > 日本文学 > 詩
2019年8月24日
読書人紙面掲載 書評 「犬と狼のあいだ」を探る繰り広げられる散文の駆け引き
薄明のサウダージ
著 者:野村 喜和夫
出版社:書肆山田
文学 > 日本文学 > 詩
2019年8月24日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 石川桂子編『竹久夢二詩画集』
竹久夢二詩画集
著 者:石川 桂子
出版社: 岩波書店
文学 > 日本文学 > 詩
2019年8月24日
読書人紙面掲載 書評 鮎川信夫研究の現在 鋭く怜悧な批評、論証的・連合的な思考でまとめあげた力作
〈空白〉の根底 鮎川信夫と日本戦後詩
著 者:田口 麻奈
出版社:思潮社
文学 > 日本文学 > 詩
2019年7月27日
読書人紙面掲載 書評 「夢」を通じて産まれ出る何かあたらしい・なつかしい神話世界に開かれていく
詩集 夢通分娩
著 者:鎌田 東二
出版社:土曜美術社出版販売
文学 > 日本文学 > 詩
2019年7月20日
読書人紙面掲載 書評 令和元年という「夜」に抗して 時代への根源的な批評の書
夜に抗して闘う者たち ジョン・レノン、ロベルト・ボラーニョ、桐山襲
著 者:原 仁司
出版社:翰林書房
文学 > 日本文学 > 詩
2019年7月6日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 穂村弘、山田航著『世界中が夕焼け』
世界中が夕焼け
著 者:穂村 弘 、山田 航
出版社:新潮社
文学 > 日本文学 > 詩
2019年6月22日
読書人紙面掲載 書評 死者と別れるとはどういうことか希に見る論述の集中度で論じきる
現代文学は「震災の傷」を癒やせるか 3・11の衝撃とメランコリー
著 者:千葉 一幹
出版社:ミネルヴァ書房
文学 > 日本文学 > 詩
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 春の歌人・広岡浅子浅子の手書き歌集『草詠』発見に寄せて
広岡浅子「草詠」
著 者:高野 晴代
出版社:翰林書房
文学 > 日本文学 > 詩
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 さながら『川崎司全集』冒頭から書誌編まで、語って余すところがない
清冽な水脈 透谷・愛山・明石・坎堂
著 者:川崎 司
出版社:三弥井書店
文学 > 日本文学 > 詩
2019年5月18日
催しもの 詩の未来へ―「現代詩手帖」の60年―
文学 > 日本文学 > 詩
2019年4月19日
受賞 ★第69回H氏賞・第37回現代詩人賞
文学 > 日本文学 > 詩
2019年3月15日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 高村 光太郎著『智恵子抄』
智恵子抄
著 者:高村 光太郎
出版社: 新潮社
文学 > 日本文学 > 詩
2019年3月2日
読書人紙面掲載 書評 過激なエロス的抒情、歌の多声が織り成す構造現代最高の歌僧による、うたで描く大正期のエポック
福島泰樹歌集 大正行進曲 うたで描くエポック
著 者:福島 泰樹
出版社:現代短歌社
文学 > 日本文学 > 詩
2019年2月23日
読書人紙面掲載 書評 世界の理不尽さに向けて これまでにない詩境、詩篇自体が問いと化していく
QQQ
著 者:和合 亮一
出版社:思潮社
文学 > 日本文学 > 詩
2019年1月12日
読書人紙面掲載 書評 詩に特化した四方田のアーカイブ作者は何冊目かの〈小説〉を書いた
詩の約束
著 者:四方田 犬彦
出版社:作品社
文学 > 日本文学 > 詩
2018年12月1日
読書人紙面掲載 書評 戦後の思索の匂いがする詩人の言霊
接吻
著 者:中本 道代
出版社:思潮社
文学 > 日本文学 > 詩
2018年10月20日
受賞 第20回 小野十三郎賞
文学 > 日本文学 > 詩
2018年10月5日
次の30件を見る
2