マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 文学
  3. 日本文学
  4. 随筆・エッセー
今週号の目次
3318号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
新刊 藤井 茂著一代の出版人 増田義一伝
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年12月7日
読書人紙面掲載 書評 その人自身を丸裸にしてしまう「恥の感覚」性格や、生育環境、世代、様々な要因で形成されるもの
センス・オブ・シェイム 恥の感覚
著 者:酒井 順子
出版社:文藝春秋
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年11月23日
新刊 木皿泉著ぱくりぱくられし
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年10月26日
新刊 高橋輝次 編集タイトル読本
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年10月19日
読書人紙面掲載 書評 フォークは永遠に未来をひらくもの「思いありき、言葉ありき、メッセージありき」の革命ライブ自伝
七〇年目の風に吹かれ 中川五郎グレイテスト・ヒッツ
著 者:中川 五郎
出版社: 平凡社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年10月12日
読書人紙面掲載 書評 どこに軸足を置くか耳を傾けると語りかけてくるエッセイ集
世界はたくさん、人類はみな他人
著 者:本橋 成一
出版社:かもがわ出版
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年10月5日
読書人紙面掲載 書評 与えられた環境のなかでどのように生のスタイルを適合させうるのか
アメリカ紀行
著 者:千葉 雅也
出版社:文藝春秋
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年9月28日
読書人紙面掲載 書評 文芸批評、四〇年間の成果が結実 『黒古一夫 近現代作家論集』刊行開始―大江健三郎論・林京子論―
黒古一夫近現代作家論集第2巻
著 者:黒古 一夫
出版社: アーツアンドクラフツ
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年9月28日
読書人紙面掲載 書評 プロレスを知らない人にも愛嬌たっぷりの人生指南
カウント2・9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」
著 者:棚橋 弘至
出版社:マガジンハウス
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年8月24日
読書人紙面掲載 書評 パルチザンは再び 文学に身をやつすことで生き長らえる
桐山襲全作品Ⅰ
著 者:桐山 襲
出版社:作品社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年8月17日
読書人紙面掲載 書評 慰めと勇気を与えられるエッセイ集戦時下のエピソードから『ファウスト』まで
ぶどうの木のかげで 今日の祈り、明日のうた
著 者:小塩 節
出版社:青娥書房
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年7月20日
読書人紙面掲載 書評 語られたこと、語られなかったこと震災七年目のレポート。熱く湿ったエモーション
海を撃つ  福島・広島・ベラルーシにて
著 者:安東 量子
出版社:みすず書房
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年5月11日
読書人紙面掲載 書評 切実に抱え込まれた細やかな物語絵本作家の優しさ、強さ、美術の力
あの日からの或る日の絵とことば  3・11と子どもの本の作家たち
著 者:筒井 大介
出版社:創元社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年5月11日
読書人紙面掲載 書評 追悼 松本さんの肉声が蘇る時代と状況への激しい怒りが込められた全身編集者の遺言
いま、言わねば
著 者:松本 昌次
出版社:一葉社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年4月6日
読書人紙面掲載 書評 金井姉妹の新しい桃色の本 危うさをはらんだ美しいかけら
たのしい暮しの断片
著 者:金井 美恵子
出版社:平凡社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年4月6日
読書人紙面掲載 書評 多様性の枠を広げる見巧者のまなざし徹底して俯瞰し、新しい時代をどう予測するか
次の人、どうぞ!
著 者:酒井 順子
出版社: 講談社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年3月30日
読書人紙面掲載 書評 その孤立にひとは勇気づけられた紡がれた言葉は、命を削って灯されたかがり火
思いつきで世界は進む 「遠い地平、低い視点」で考えた50のこと
著 者:橋本 治
出版社:筑摩書房
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2019年3月2日
読書人紙面掲載 書評 「いま」とはどんな「いま」か光文社古典新訳文庫創刊編集長の回顧録
いま、息をしている言葉で。 「光文社古典新訳文庫」誕生秘話
著 者:駒井 稔
出版社:而立書房
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年12月15日
読書人紙面掲載 書評 片岡義男の分厚い思考の軌跡四十年以上にわたるあとがきをすべて収録
あとがき
出版社:晶文社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年11月17日
読書人紙面掲載 書評 記述はまさに迷路のよう 読みながらつねに複数の声が響く
私のティーアガルテン行
著 者:平出 隆
出版社:紀伊國屋書店
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年11月10日
読書人紙面掲載 書評 文筆家としての才能に目を見張る 撮ることと考えることを共存させる写真家
声めぐり
著 者:齋藤 陽道
出版社:晶文社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年10月20日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 三好 達治著 『詩を読む人のために』筑波大学 渡邊 久美子
詩を読む人のために
著 者:三好 達治
出版社:岩波書店
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年9月8日
読書人紙面掲載 書評 歪んだ鏡像としての、あるいはつくりかえられた地図のなかのアジア
鏡のなかのアジア
著 者:谷崎 由依
出版社:集英社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年8月25日
読書人紙面掲載 書評 さながら戦後児童文学の裏面史 デビュー作刊行までを描いた自伝的小説
コロボックルに出会うまで 自伝小説サットルと『豆の木』
著 者:佐藤 さとる
出版社:偕成社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年7月26日
読書人紙面掲載 書評 真実の顔、真摯な心 死の当日に書かれた遺書的、予言的一文に震え上がる
絶筆
著 者:野坂 昭如
出版社:新潮社
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー
2018年7月18日
次の30件を見る
2