マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

今週号の目次
3341号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 「生きること」と「書くこと」―その関係を解明する―
サルトルのプリズム 二十世紀フランス文学・思想論サルトルのプリズム 二十世紀フランス文学・思想論
著 者:澤田 直
出版社:法政大学出版局
文学 > 外国文学 > フランス文学
2020年3月14日
読書人紙面掲載 書評 「今」を見つめるマラルメのアイロニー四部構成の十一章で、詩人の詩的想念の形成と変容を浮かび上がらせる
ステファヌ・マラルメの〈世紀〉
著 者:原 大地
出版社:水声社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2020年3月7日
読書人紙面掲載 書評 パンドラの箱を開ける「見えないもの」としての奥行きを問題に
メルロ=ポンティの美学 芸術と同時性
著 者:川瀬 智之
出版社:青弓社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2020年1月25日
読書人紙面掲載 書評 本物の作家の人生は劇的じゃない本邦初訳、ルブランの決定版伝記
いやいやながらルパンを生み出した作家 モーリス・ルブラン伝
著 者:ジャック・ドゥルワール
翻訳者:小林 佐江子
出版社: 国書刊行会
文学 > 外国文学 > フランス文学
2020年1月25日
読書人紙面掲載 書評 フランスという国にとどまらない広がりフランスという国にとどまらない広がり
三人の逞しい女
著 者:マリー ンディアイ
翻訳者:小野 正嗣
出版社:早川書房
文学 > 外国文学 > フランス文学
2019年12月21日
読書人紙面掲載 書評 頼るべき、比類ないガイド初期から晩年まで至るほぼ全ての著作について的確に解説
ミシェル・フーコー 自己から脱け出すための哲学
著 者:慎改 康之
出版社:岩波書店
文学 > 外国文学 > フランス文学
2019年12月14日
読書人紙面掲載 書評 色とりどりの輝きを放つケベック詩北米大陸の風土や気候が詩人の精神世界と照応しあう
ケベック詩選集 北アメリカのフランス語詩
著 者:立花 英裕、真田 桂子
翻訳者:後藤 美和子、佐々木 菜緒
出版社:彩流社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2019年11月23日
読書人紙面掲載 書評 メランコリックな孤立の諸相フランス文学史上の《知られざる鬼才》、シャルル・バルバラ
蝶を飼う男 シャルル・バルバラ幻想作品集
著 者:シャルル・バルバラ
翻訳者:亀谷 乃里
出版社:国書刊行会
文学 > 外国文学 > フランス文学
2019年11月23日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 モーパッサン著『脂肪のかたまり』
脂肪のかたまり
著 者:モーパッサン
翻訳者:高山 鉄男
出版社:岩波書店
文学 > 外国文学 > フランス文学
2019年10月5日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 ボリス・ヴィアン著『日々の泡』
日々の泡
著 者:ボリス・ヴィアン
翻訳者:曾根 元吉
出版社:新潮社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2019年9月28日
読書人紙面掲載 書評 夢の持つ不思議な力に魅せられて「目覚めたまま見る夢」こそ詩の生まれる場所
目覚めたまま見る夢 20世紀フランス文学序説
著 者:塚本 昌則
出版社:岩波書店
文学 > 外国文学 > フランス文学
2019年6月1日
読書人紙面掲載 書評 空に投げ出された言葉についてそれもまた「言葉の本質」なのではないか
母の前で
著 者:ピエール パシェ
翻訳者:根本 美作子
出版社:岩波書店
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年12月8日
読書人紙面掲載 書評 その二重性を明確に位置づける 独創的で興味深い見解を随所で披露
『悪の華』を読む
著 者:安藤 元雄
出版社:水声社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年11月10日
読書人紙面掲載 書評 プルーストでの思い出づくり少年の成長を描く珠玉の思春期物語
鐘の音が響くカフェで
著 者:ポール ヴァッカ
出版社:春風社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年10月27日
読書人紙面掲載 書評 新たな闘いを始めるシングルマザー 昏睡状態の息子を目覚めさせるための冒険
ルーム・オブ・ワンダー
著 者:ジュリアン・サンドレル
出版社:NHK出版
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年10月20日
読書人紙面掲載 書評 「理解可能なマラルメ」を追求 一般読者に親しみやすい現代語訳を
詩集
著 者:ステファヌ・マラルメ
出版社:月曜社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年10月13日
読書人紙面掲載 書評 新たな「共鳴箱」を提示 微視的なテクスト分析の数々
プルーストの美
著 者:真屋 和子
出版社:法政大学出版局
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年9月8日
読書人紙面掲載 書評 生誕から死後の評価までその人生と仕事を描く
マルグリット・デュラス《幻想の詩学》
著 者:蘇芳 のり子
出版社:せりか書房
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年7月25日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 プレヴォ著『マノン・レスコー』 学習院大学 永田 翔希
マノン・レスコー
著 者:アベ・プレヴォー
出版社:光文社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年7月21日
読書人紙面掲載 書評 死を完遂させようとする試み あまりに「マラルメ的」で哀切な詩人の姿
アナトールの墓のために
著 者:ジャン=ピエール・リシャール、ステファヌ・マラルメ
出版社:水声社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年7月16日
読書人紙面掲載 書評 生誕を生き直す 他者との出会いを一種のイニシエーションとして

著 者:J・M・G・ル・クレジオ
出版社:作品社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年6月13日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 モーリス・ドリュオン作 『みどりのゆび』 大阪樟蔭女子大学 田畑 果奈実
みどりのゆび
著 者:モーリス・ドリュオン
出版社:岩波書店
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年5月12日
読書人紙面掲載 書評 いまなお意義深い示唆 変わらず共感を誘う心理の綾を描く
モスクワの誤解
著 者:シモーヌ・ド・ボーヴォワール
出版社:人文書院
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年4月28日
読書人紙面掲載 書評 あるかけがえのない何かとして歌いあげられるジュネ
嘘つきジュネ
著 者:タハール・ベン・ジェルーン
出版社:インスクリプト
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年3月24日
読書人紙面掲載 書評 知恵の木の実をかじる前の言葉 「死文字」となった記号の流通から言葉を引き上げる
ゲームの規則Ⅰ 抹消
著 者:ミシェル・レリス
出版社:平凡社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2018年1月6日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 『悲しみよこんにちは』 フランソワーズ・サガン著上智大学 乙部 修平
悲しみよ こんにちは
著 者:フランソワーズ・サガン
出版社:新潮社
文学 > 外国文学 > フランス文学
2017年12月2日
次の30件を見る
2