当サイトについて


書評専門紙「週刊読書人」では、日本英文学会、日本アメリカ文学会の全国大会に合わせて、以下のような紙面企画を例年実施しております。
【例年 5月】『特集:英米文学/研究書のススメ』(日本英文学会主催の全国大会に合わせて)
【例年10月】『アメリカ文学・研究書特集』(日本アメリカ文学会主催の全国大会に合わせて)
★紙面サンプルとして2019年度の『特集:英米文学/研究書のススメ』を下記にて公開しております。

2020年度について

日本英文学会第92回大会→ウェッブカンファレンスに変更

「日本英文学会第92回大会」は、2020年5月16日(土)・17日(日)の2日間にわたり琉球大学(沖縄県中頭郡西原町)にて開催予定でしたが、
新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、例年とは形態を変更し、ウェッブカンファレンスに変更となりました。

読書人では、今年も例年どおり各出版社にご協力いただきながら『特集:英米文学/研究書のススメ』を紙面とWEB上で実施いたしました。
また、今回、日本英文学会会長の原田範行氏にはウェッブカンファレンスとなった経緯や沖縄の地で英文学会全国大会を開催する意義や特別シンポウムの内容などを、
また今年研究発表をする研究者の中から若手6名には自身の研究テーマを紹介するエッセイを寄せていただきました。



アメリカ文学会全国大会59回大会→対面開催中止、会員向けに発表原稿をウェブで閲覧可能

「アメリカ文学会全国大会59回大会」は、2020年10月3日(土)・4日(日)の2日間にわたり金沢大学にて開催予定でしたが、
新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、対面での開催は中止、会員向けに発表原稿をウェブで閲覧できる代替措置となりました。

読書人では、今年も例年どおり各出版社にご協力いただきながら『アメリカ文学・研究書特集』を紙面とWEB上で実施いたしました。
大会は中止となりましたが、アメリカ文学に関する研究書は多数刊行され続けています。
こんなときだからこそ、文学の大切さ、そして文学の奥深さに触れ、より作品を楽しむための手引きとして各社の研究書を案内いたします。