マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 本が好き!6月の月間ランキング
今週号の目次
3269号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
?php echo h($content_name); ?>
本が好き!6月の月間ランキング
書評のコミュニティサイト「本が好き!」と週刊読書人ウェブのコラボ企画! 毎月「本が好き!」で得票数の高い人気書評トップ1~10をご紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
本が好き!月間ランキング1位
万引きして逮捕された私は、とっさに、自分は「私は十一年前に誘拐されたの。」と言ってしまう・・・どんでん返しの結末に、久しぶりにこりゃやられたわー!
偽りのレベッカ
著 者:アンナ・スヌクストラ
出版社:講談社
腹ペコで、ロールパン、チーズ、りんごを万引きした私。 身分を証明するものを何も持っていなかったので、警察に引き渡されることに。 警察官を目の前にして出てきた言葉は、 「私の名前はレベッカ・ウィンター。十一年前に誘拐されたの」 恋人とテレビを見ていた時にやっていた番組で、 十一年前に誘拐されたまま行方不明というレベッカに、私はそっくりではないか! と恋人とびっくりしたことを思いだし、 今の状況から、飢えから、惨めな生活からほんの一時逃れたいと嘘を言ってしまった私。 しかし、当然ながら警察も世間も大騒ぎし・・・ DNA検査をすり抜けるため、両親が持ってきてくれたヘアブラシの毛を渡し、血液検査を泣きわめき、怯えたふりをしてやり過ごした私は、両親、双子の弟という家族のもとへ。
本が好き!月間ランキング2位
初めて聞いたら仰天するであろうエピソードが満載。文豪ブームの波に乗った1冊ではあるが、きちんと事実に基づいたきわめて真面目な1冊でもある。
文豪たちの友情
著 者:石井千湖
出版社:立東舎
ある小説を読み始めるとき、 私は普段、その作品の時代背景は気にするけれど、 書いた作家についてのあれこれ…… たとえば 大恋愛中だったとか 友人に妻を取られた後だったとか、 心中未遂の直後だったとか、 誰かと大げんか中だったとか…… そういう、 作家が作品を産み落とした背景というものにはあまり興味を持たない。 書かれたものはその字面をそのまま読んで、 そのまま自分なりに受け止める。 その上で、実は、この作品が生まれた背景には こんな出来事があったんですよ……と、 解説などで教えてもらうことまで厭いはしないが、 作品は作品だけで楽しめばいいと思うタイプなのだ。
本が好き!月間ランキング3位
題名、このジャケット、そしてマイリンク。読まずにはおれません。
ワルプルギスの夜 マイリンク幻想小説集
著 者:グスタフ・マイリンク
出版社:国書刊行会
グスタフ・マイリンクは、オーストリア出身、神秘思想かぶれの幻想小説家です。本書はマイリンク幻想小説集ですが、かなり短い初期短篇と後期短篇、エッセイ、そして中編の「ワルプルギスの夜」「白いドミニコ僧」が収められています。 まずは表題作の「ワルプルギスの夜」から。 物語はプラハの老貴族たちが集まる館にズルチャドロという喜劇役者が夢遊病状態で現れるところから始まる。ズルチャドロはこの館の主人である男爵の死んだ兄が乗り移ったように、兄しか知らないようなことまで語りだす。イタコのように。第一次大戦中という不安な時代、貴族たちの運命を暗示するかのような不穏な出だしである。
本が好き!月間ランキング4位
「お前を舞踏会に行かせてやろう」---3月とは思えぬ陽気の1日。1年に1度、メイドに許された休日。大きく開かれた扉の向こうに、彼女が見るものは何か。
マザリング・サンデー
著 者:グレアム・スウィフト
出版社:新潮社
舞台は1924年。大戦と大戦の間のイギリスのお屋敷である。 19世紀ほど階級社会がかっちりしてはおらず、さりとてまったく身分の差が消え去ったわけでもない。そんな中でのお屋敷の「坊ちゃん」と、別のお屋敷のメイドの秘められた情事の物語である。 そう聞くと安っぽい三文小説のようでもあるが、この中篇小説が見せる世界は驚くほど濃密で深く、五感を揺さぶる。あふれかえる光、むっとした暑さ、むせかえりそうな蘭の香り、しんとした館に響く振り子時計。 メイドの視点から語られる物語は、読者をメイドの身体のなかへと誘う。
本が好き!月間ランキング5位
冒頭でどこまでツッコませるんだ恐ろしい子…!
阿房列車―内田百けん集成〈1〉
著 者:内田百けん
出版社:筑摩書房
世の中には「鉄」──鉄道趣味・鉄ヲタと言われる人種がいる。 更にそこには「乗り鉄」「撮り鉄」「模型鉄」等の括りがある。 百閒先生は恐らく「乗り鉄」にあたる。 乗り鉄にも完乗タイプや完駅タイプ、 また特定車両や路線にコダワって乗るタイプもいる。 百閒先生は──少々判然としない。 が、ツッコミ待ちスキルにおいてはかなりの上級者だ。
本が好き!月間ランキング6位
天神、天孫、そして天皇へ。
古事記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典
出版社:KADOKAWA
『古事記』は日本最古の書という栄誉に輝いているので、書名はほとんどの人が知っています。けれども、中身は知らないという人がほとんどです― 著者はその理由として、古文のスタンダードである平安時代以前の、専門家でさえ精確な読みが確定できていない箇所があるという奈良時代の古い言葉遣いに加え、その性格にもあるという。
本が好き!月間ランキング6位
とんでもない記録に挑戦する少年
本 ボーイズ・ドリーム 世界記録をつくろう
著 者:アレックス・シアラー
出版社:PHP研究所
NHK教育テレビで毎週水曜日6時25分から放送されていた「ボーイ・ミーツ・ワールド」を知っていますか? 典型的なアメリカン・ボーイのコーリー・マシューズとその家族・友人に起こる出来事が描かれる25分弱のシットコムです。コーリーには両親、妹、そして兄エリックがいます。二人ともいわゆる優等生タイプではありませんが、エリックはコーリーよりもお調子者キャラに設定されています。成績もよくないし、自分が思うほど女性にももてません。やや漫画チックな3枚目キャラです。ドラマのマシューズ兄弟と、この物語のタナー家のテリーとウィルモット兄弟とは、とてもよく似ています。
本が好き!月間ランキング8位
与えられた場所で、与えられた人生を毅然と生き抜いた女性の勇気。
サラの旅路―ヴィクトリア時代を生きたアフリカの王女
著 者:ウォルター・ディーン マイヤーズ
出版社:小峰書店
1848年、西アフリカでエクバドという国が隣国に攻め込まれ滅亡した。ひとりの王女を除いて王族は皆殺しになり、その王女も儀式の生贄として二年後に殺されるはずだったが、イギリス海軍士官に救われる。本書は「黒人の王から白人の王への贈り物」としてイギリスへ渡った王女の人生を追ったノンフィクションである。
本が好き!月間ランキング8位
な、何ですって! これがクリスティのベスト10ですって?!
アガサ・クリスティー完全攻略
著 者:霜月 蒼
出版社:早川書房
と、思わず叫んでしまいそうになる本です。  ミステリ評論家である著者は、これまでに数千冊に及ぶミステリ作品を読破してきたというのに、クリスティの作品はわずかに7冊しか読んでこなかったと言います。  何故そんなに読まなかったのかという理由について、著者は、「クリスティはこういう風におもしろい」という説明を目にしたことが一度も無かったからだと書いています。
本が好き!月間ランキング8位
7日に一度、洋食屋の扉が異世界と繋がり、異世界から客がやって来る摩訶不思議な食堂の話です。
異世界食堂 1
著 者:犬塚 惇平
出版社:主婦の友社
オフィス街に近いビルの地下一階にある『洋食のねこや』は平日の昼と夜は、オフィス街から人が繰り出し繁盛している。しかし、その店には秘密があった。7日に一度(土曜日)に『洋食のねこや』の扉は異世界に繋がり、異世界の住人が『洋食のねこや』の料理を目当てにやって来る。やって来るのは、人間だけでなく、亜人や魔物、妖精など様々。こんなので商売になるのかと思ったが、異世界での料理はこちらの世界に比べ、味も質も格段に落ちている。そして、言葉は通じるので、メニューは異世界の住人に書いて貰い営業している、何とも変わった洋食屋の話です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
5月のランキング >