読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新 着
第三四回 太宰治賞 贈呈式開催 受賞 第六四回 江戸川乱歩賞 決定 斉藤詠一氏「到達不能極」 受賞 第3回 ショートショート大賞 受賞 翻訳フェスティバル2018「世界の言葉をつむぐ人々」 催しもの 誰もが引き金を握っている状態 編集室から 「ゲルタ」から「ゲルダ」へ一人の女性として生き切った詳細な軌跡ゲルダ キャパが愛した女性写真家の生涯:イルメ・シャーバー/祥伝社 読書人紙面掲載 書評 世界の黒猫のエピソードすべてのページに黒猫が登場する魅惑の黒猫 知られざる歴史とエピソード:ナタリー・セメニーク/グラフィック社 読書人紙面掲載 書評 田淵行男が完全な姿で甦るナチュラリストという角度から重層的に捉えた傑出した評伝安曇野のナチュラリスト 田淵行男:近藤 信行/山と渓谷社 読書人紙面掲載 書評 「政治力」にスポットを当てる十河の人生がいかに濃密であったか新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語:髙橋 団吉/デコ 読書人紙面掲載 書評 時代における「像」が浮かぶ日本近代史をも透かし見せる教師像の変遷教師像 文学に見る:綾目 広治/新読書社 読書人紙面掲載 書評 父性の喪失した時代にこういう時代だからこそ片岡義男を読もうこの冬の私はあの蜜柑だ:片岡 義男/講談社 読書人紙面掲載 書評 全体像を提示する試み再評価の機運を盛り上げる契機となる佐藤春夫読本:辻本 雄一、河野 龍也/勉誠出版 読書人紙面掲載 書評 グリムからはじまり柳田國男の足跡をたどるグリム童話と日本昔話  比較民話の世界:高木昌史/三弥井書店 読書人紙面掲載 書評 決定的な世代間ギャップ 田原総一朗の取材ノート パリ、五月革命の残光 ―大学改革と抵抗運動― (第一回/全四回) 西山 雄二 パリ、五月革命の残光 ―大学改革と抵抗運動― 八重山暮らし(45) 八重山暮らし 『オリジン』(KADOKAWA)刊行記念 ダン・ブラウン来日記者会見 トピック  漢字点心 いそいそと出掛くる先はトイレなり五ヶ月ぶりの家内(やぬち)の尿(ゆまり)梶原さい子『リアス/椿』(2014) 現代短歌むしめがね 今週は絵との対話。夢に死者オンパレード 日常の向こう側ぼくの内側
今週号の目次
3244号
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 沖縄研究に新しい視座 
丹念な聞き取り調査を踏まえて描く
動く墓  沖縄の都市移住者と祖先祭祀
著 者:越智 郁乃
出版社:森話社
(評者)田仲 康博
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 「進化の実験場」に見る言葉の物語 
「返還」50周年の節目に
小笠原諸島の混合言語の歴史と構造 日本元来の多文化共生社会で起きた言語接触
著 者:ダニエル・ロング
出版社:ひつじ書房
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 凜とした姿勢で「人間らしく生きる」という希望を持とうと
日の出
著 者:佐川 光晴
出版社:集英社
(評者)小林 広一
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 日本文学全集の書誌調査と出版戦略を分析
日本文学全集の時代 ――戦後出版文化史を読む
著 者:田坂 憲二
出版社:慶應義塾大学出版会
(評者)服部 徹也
2018年6月16日
文芸同人誌広場
読書人紙面掲載 書評 ポスト・コロニアル的観点から 
明治から一九二〇年代までに力点を置く
ガリヴァーとオリエント 日英図像と作品にみる東方幻想
著 者:千森 幹子
出版社:法政大学出版局
(評者)立石 弘道
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 「われわれは、ひとりひとりが互いに繋がっているのだ」
ぼくとネクタイさん
著 者:ミレーナ=美智子・フラッシャール
出版社:郁文堂
(評者)管 啓次郎
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 ◇貴重な論点を提起◇ 
本書の刊行は極めて大きな収穫に
ファシスト的公共性 総力戦体制のメディア学
著 者:佐藤 卓己
出版社:岩波書店
(評者)三宅 正樹
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 代理母ビジネスの実情 
多様な問題をはらむ生殖補助医療現場
インドの代理母たち
著 者:ギーター・アラヴァムダン
出版社:柘植書房新社
(評者)歌代 幸子
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 「明治の修学旅行」を描く 「平成の取材旅行」の楽しみ
「五足の靴」をゆく 明治の修学旅行
著 者:森 まゆみ
出版社:平凡社
(評者)中島 国彦
2018年6月16日
ひらめきブックレビュー
読書人紙面掲載 書評 混沌の街を描き出す 
心に響くエピソードの数々に魅了される
新宿 ゴールデン街のひとびと
著 者:佐々木 美智子
出版社:七月堂
(評者)志賀 信夫
2018年6月16日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 80年代の感覚が蘇る 興奮とともに頁をめくる快感を思い出した
The Vintage Eros ヴィンテージ・エロス Vol.1
編 集:マガジンハウス
出版社:マガジンハウス
(評者)南陀楼 綾繁
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 「聞くことの条件」をめぐる解析の試み 
音響文化、聴覚文化における今後の参照点に
聞こえくる過去
著 者:ジョナサン・スターン
出版社:インスクリプト
(評者)福田 貴成
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 逆境と闘いながら生きてゆく「イヌ」の生涯
悲しくてもユーモアを―文芸人・乾信一郎の自伝的な評伝
著 者:天瀬 裕康
出版社:論創社
(評者)目時 美穂
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 禍々しい刑事罰の数々 
罰則の多彩なバリエーションと妙な厳格さ
江戸時代の罪と罰
著 者:氏家 幹人
出版社:草思社
(評者)南伽山 アキコ
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 広く読まれるべき力作 
西洋における人文主義的系譜の歴史像を決定的に豊かに刷新
テクストの擁護者たち 近代ヨーロッパにおける人文学の誕生
著 者:アンソニー・グラフトン
出版社:勁草書房
(評者)逸見 龍生
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 植民地主義の実相をえぐりだす 
すべての日本人に向けた根源的な問いかけ
私は中国人民解放軍の兵士だった 山邉悠喜子の終わりなき旅
著 者:小林 節子
出版社:明石書店
(評者)斉藤 日出治
2018年6月14日
読書人紙面掲載 書評 ソ連・フィンランド戦争の世界史的重要性に気付かせる
近代ユーラシア外交史論集 日露独中の接近と抗争
著 者:三宅 正樹
出版社:千倉書房
(評者)筒井 清忠
2018年6月14日
次の30件を見る
1 3 4 5 6 7 115