マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新 着
「つながりのなかのいのち」も「個としてのいのち」もいのちを〝つくって〟もいいですか? 生命科学のジレンマを考える哲学講義:島薗 進/NHK出版 読書人紙面掲載 書評 ユニークで見事な論考 色覚差別のかつてと今を社会学的に質的に解読色覚差別と語りづらさの社会学 エピファニーと声と耳:徳川 直人/生活書院 読書人紙面掲載 書評 越境者から照射する日本近代 この領域におけるひとつの到達点越境者の政治史 アジア太平洋における日本人の移民と植民:塩出 浩之/名古屋大学出版会 読書人紙面掲載 書評 日本外交の課題を抽出 自らの安全保障体制について改めて議論を アジアの命運を握る日本:井尻 秀憲/海竜社 読書人紙面掲載 書評 時空を超えた幸福な対話状況と作品の微妙なズレや差違に焦点を絞るチェーホフ 七分の絶望と三分の希望:沼野 充義/講談社 読書人紙面掲載 書評 小説の進化への意志 神として作品構造に組み込まれる読者異郷の友人:上田 岳弘/新潮社 読書人紙面掲載 書評 「記憶」のあいまいさ、不確かさをめぐって描かれた六つの作品フランダースの帽子:長野 まゆみ/文藝春秋 読書人紙面掲載 書評 フィンランドの街を駆け抜けるミステリー三部作ルミッキ 1 血のように赤く:サラ・シムッカ/西村書店 読書人紙面掲載 書評 真実の顔、真摯な心 死の当日に書かれた遺書的、予言的一文に震え上がる絶筆:野坂 昭如/新潮社 読書人紙面掲載 書評 神仙・妖怪・民間信仰の一大パノラマ 話題の多彩さが目を釘付けにする刺激的な書中国妖怪・鬼神図譜:相田 洋/集広舎 読書人紙面掲載 書評 養蚕をめぐる悲喜こもごも産業のフォークロアという視点で解き明かす蚕 絹糸を吐く虫と日本人:畑中 章宏/晶文社 読書人紙面掲載 書評 生身の伊福部昭への関心 作曲家がたどり、生きた場の背景が浮かぶ生の岸辺  伊福部昭の風景:柴橋 伴夫/藤田印刷エクセレントブックス 読書人紙面掲載 書評 米中貿易戦争勃発!そして日本は? 田原総一朗の取材ノート 鳥取で、安西水丸さんの二冊を読む トピック 77年ぶりに発見された未発表作、遂に刊行 山本周五郎『戦国武士道物語 死處』 新刊 奈良発・ループ舎より刊行 『靴のおはなし 1』 新刊 八重山暮らし(49) 八重山暮らし 奇跡の共時性?(シンクロ二シティ)超常現象??もはや「未知との遭遇」 日常の向こう側ぼくの内側 ひまわりのがばりと垂れてめちゃくちゃな方角に飛ぶぼくのおしっこ加藤治郎『しんきろう』(2012) 現代短歌むしめがね  漢字点心
今週号の目次
3247号
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 後期ヴィットゲンシュタインの「家族的類似性概念」を用いる
文学という出来事
著 者:テリー・イーグルトン
出版社:平凡社
(評者)遠藤 不比人
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 人間ナボコフの姿を浮き彫りに 
小説へのもう一つのアプローチを示す
アメリカのナボコフ ――塗りかえられた自画像
著 者:秋草 俊一郎
出版社:慶應義塾大学出版会
(評者)鈴木 哲平
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 アフリカ系アメリカ文学への良き入門書
奴隷の文学誌   声と文字の相克をたどる
著 者:峯 真依子
出版社:青弓社
(評者)白川 恵子
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 いまの日本で必要とされる視点 
韓国の美術が社会と向き合った軌跡
韓国の民衆美術 抵抗の美学と思想
著 者:古川 美佳
出版社:岩波書店
2018年7月14日
文芸同人誌広場
読書人紙面掲載 書評 読者の五感を揺さぶる 
リアルな疑似体験を提供する仕掛け
不便ですてきな江戸の町 時空を超えて江戸暮らし
著 者:永井 義男
出版社:柏書房
(評者)山下 柚実
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 掘り起こされていく個々の人生はことさら貴重に
パラオの心にふれて 思い出の中の「日本」
著 者:山本 悠子
出版社:サンパウロ
(評者)塩見 弘子
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 人物に学ぶ経済思想史 
コラムで現代の経済事象との関連性を解説
教養としての経済思想
著 者:北田 了介
出版社:萌書房
(評者)毬谷 実宏
2018年7月14日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 『脳がわかれば心がわかるか 脳科学リテラシー養成講座』 山本貴光・吉川浩満著
早稲田大学 柏木 健太郎
脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座
著 者:山本 貴光、吉川 浩満
出版社:太田出版
(評者)柏木 健太郎
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 ひとつの民間企業が中南米をどのように牛耳ってきたのか
バナナのグローバル・ヒストリー いかにしてユナイテッド・フルーツは世界を席巻したか
著 者:ピーター・チャップマン
出版社:ミネルヴァ書房
(評者)小松 かおり
2018年7月14日
ひらめきブックレビュー
読書人紙面掲載 書評 南ア戦争縁の人々を軸に描く 
分断されたアイルランドの独立戦争
アイルランド革命 1913-23 第一次世界大戦と二つの国家の誕生
著 者:小関 隆
出版社:岩波書店
(評者)伊高 浩昭
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 「つながり」を力に築く未来  
真に豊かな社会を創るための「変革への鍵」
〈食といのち〉をひらく女性たち 戦後史・現代、そして世界
著 者:佐藤 一子、千葉 悦子、宮城 道子
出版社:農山漁村文化協会
(評者)工藤 律子
2018年7月14日
読書人紙面掲載 書評 活動を多面的に整理しその感性を立体的に浮かび上がらせる
女性記者・竹中繁のつないだ近代中国と日本ー一九二六〜二七年の中国旅行日記を中心に
著 者:山﨑 眞紀子
出版社:研文出版
2018年7月14日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 イメージの変成プロセスじたいを受け取ることのできる書物
Ōe(おおえ) 60年代の青春
著 者:司 修
出版社:白水社
(評者)芳川 泰久
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 夢のつづき 極上の短冊手鑑登場
誹諧短冊手鑑
著 者:永井 一彰
出版社:八木書店古書出版部
(評者)神作 研一
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 交差する二つの物語 
不正に立ち向かう市井の勇気ある人物を描く
つつましい英雄
著 者:マリオ・バルガス=リョサ
出版社:河出書房新社
(評者)井尻 直志
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 キーワードは「四民平等」 不思議なリアリティが随所に
蒼空を翔る 土方歳三かく闘えり
著 者:横山 北斗
出版社:牧野出版
(評者)岳 真也
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 ◇魂の100年を問う◇ 
知的満足にも応えてくれる教養の書
時代の憂鬱魂の幸福 文化批評というまなざし
著 者:張競
出版社:明石書店
(評者)稲垣 諭
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 強く印象付けたシンボルの裏側 
「朱」とは亀倉の遺した貴重な教訓の色
朱の記憶 亀倉雄策伝
著 者:馬場 マコト
出版社:日経BP社
(評者)暮沢 剛巳
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 刺激と深い示唆に富む 
詩心がたゆたう緻密な文章は彫刻に似る
遠国の春
著 者:奥西 峻介
出版社:岩波書店
(評者)みやこうせい
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 タフなベテランの軌跡をマニアな男ふたりが解き明かす 
村川が松田優作を語るのだから、たまらない
映画監督 村川透 和製ハードボイルドを作った男
著 者:山本 俊輔、佐藤 洋笑
出版社:DU BOOKS
(評者)高鳥 都
2018年7月12日
読書人紙面掲載 書評 なんと不思議な人の縁 
渾身の筆致で傑物たちの重い生涯を掘り起こした歴史エッセイに
幕末明治 異能の日本人
著 者:出久根 達郎
出版社:草思社
(評者)雨宮 由希夫
2018年7月11日
次の30件を見る
1 2 4 5 6 7 123