マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

芦名 定道
芦名 定道
あしなさだみち
大学教員(キリスト教学)
略歴(最終出身学部・大学院・年度、職歴、著書、受賞など): 京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。大阪市立大学講師・助教授を経て、2008年5月よ現職。
主な著書:『宗教学のエッセンス──宗教・呪術・科学』(1993年、北樹出版)、『ティリッヒと現代宗教学』(1994年、北樹出版)、『ティリッヒと弁証神学の挑戦』(1995年、創文社)、『自然神学再考──近代世界とキリスト教』(2007年、晃洋書房)、『近代日本とキリスト教思想の可能性──二つの地平が交わるところ』(2016年、三恵社)ほか。 日本宗教学会賞(1995年)。
このエントリーをはてなブックマークに追加